シム・ウンギョン、香取慎吾の元相棒役に 『アノニマス』特別出演

 香取慎吾が主演を務める2021年1月25日スタートのドラマ『アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~』(テレビ東京系/毎週月曜22時)に、女優のシム・ウンギョンが特別出演することが発表された。シムは、香取演じる主人公・万丞渉の元相棒役を演じる。

本作は、SNSでの誹謗(ひぼう)中傷をテーマにしたサスペンスドラマ。キーボードによる殺人=指殺人(ゆびさつじん)に対応するため警視庁に新設された“指殺人対策室”を舞台に、捜査一課から異動してきた主人公・万丞渉を始め、クセの強い“指対”メンバーたちが、顔の見えない犯罪者=アノニマスに立ち向かい、事件を解決に導いていく。

シムは、韓国で子役から活躍し、日本でも大ヒットを記録した映画『サニー 永遠の仲間たち』をはじめ数多くの韓国映画・ドラマに出演。近年は活動の場を日本に広げ、俳優の松坂桃李とダブル主演を果たした映画『新聞記者』(2019)では、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞など数々の賞を受賞。昨年には、ドラマ『七人の秘書』(テレビ朝日)で日本の連続ドラマ初出演を果たした。

本作で演じるのは、香取演じる万丞のかつての相棒・倉木セナ役。帰国子女でひと一倍正義感が強く、万丞から一目置かれる刑事だったが、2年前に倉木はある事件に巻き込まれてしまう。万丞の指殺人対策室への異動は、相棒を失った悲しい過去が関係しているらしいが、詳細はベールに包まれたままで、そんなミステリアスなキャラクターをシムがどのように演じるのか、また、かつての相棒の倉木が、現在の万丞のストーリーにどう絡んでくるのか注目だ。

シムは、「初めて演じる役柄なので、自分がうまく表現出来るか楽しみながらも緊張しています。正義という名は、私たち人間がつくり上げたものであり、何を正義とするかは難しい課題だと思います。その境目の表現を悩み続けています。頑張ります!」とコメントを寄せている。

ドラマ『アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~』は、テレビ東京系にて1月25日より毎週月曜22時放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ