もっと色んなこと話したい♡LINEで話を広げるコツ4選♡

ハウコレ



「好きな人とLINEするけど、事務的なやり取りしかしない…」と悩んではいませんか? 事務的なやり取りのみに終始していると、話が広げづらく、困ってしまいますよね。

そんな方のために今回は、LINEで事務的なやり取りから話を広げるコツを4つご紹介します。

■相談に乗ってもらう
事務的なやり取りの途中で「実は相談があるのですが…」と切り出す方法です。相手も相談ということであれば、話を聞こうと思うでしょう。仕事のことなど、真面目な相談をして、話すきっかけを作ってください。

相談とはいえ、事務的なやり取り以外の話ができることになります。相談して話すうちにお互いのことを知れ、話題も増えていくでしょう。

■お礼から話を広げる
例えば「この前の企画のときは大変お世話になりました」などと言って、お礼から話を広げる方法です。例えばお礼に食事に誘うとか、何か贈りたいので好きな食べ物を教えてもらうなど、いろいろやり方はあります。

お礼を口実にするわけですね。これならいきなり他の話題を出すときに比べて、相手が警戒せずに話に乗ってくれます。

■少し付け加える
事務的なやり取りの最後に少し文を付け加えて雑談ぽくするテクニックです。事務的なやり取りが終わるときに「ありがとうございます。そう言えば、最近〇〇食べたのですが、すごくおいしかったです。良かったら食べてみてください」などと言ってみるわけですね。

これはあくまでも一例ですが、最後に軽く雑談を入れるイメージを持ってください。少しくらいなら問題ないことが多いです。こうやって少しずつ他の話題を入れることで、段々とガードが緩くなり、話す話題が広がっていきます。

■質問する
わからないことを教えてもらうなど、質問をするのも有効です。質問する流れで相手のことについても聞き、話題のネタにしましょう。仕事の話題から始まり、折を見て好きなものなどを聞いてみてもいいでしょう。

質問は、こちらが相手に興味を持っていることを示す意味もあります。ただ事務的なやり取りの返事を送るだけではなく、疑問に思ったことはどんどん質問しましょう。話す機会が増えれば、自然と好感度も上がっていきますよ。

■まとめ 
LINEで事務的なやり取りしかないときは、相談に乗ってもらう、お礼から話を広げる、 質問するといったことをやってみてください。ちょっとした工夫でLINEに雑談を入れ込むことができますから、試行錯誤していろいろやってみてください。きっとうまくいきますよ!(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ