『SLAM DUNK』アニメ映画化 井上雄彦、ツイッターで発表

 漫画家の井上雄彦が、自身のツイッターで『SLAM DUNK』が映画化されることを発表し、ティザーサイトと映画公式ツイッターが公開された。映画はアニメーションで製作される。

井上は、【スラムダンク】のタイトルに続き、「映画になります!」とコメント。併せて投稿されたビジュアルには、同様の内容に加え、「#slamdunkmovie」という文字が書かれている。タイトルなど詳細は明らかになっていないが、続報は公式ツイッターなどで発信予定。

これを受け、ファンからは「要チェックや!」「言葉に表せない嬉しみ とりあえず、泣きたい」「最高過ぎる」など喜びの声が多数寄せられている。

原作は、高校バスケットボールを題材に選手たちの人間的成長を描くスポーツ漫画。手に汗握る試合の描写やバスケットボールに青春を懸ける登場人物たちが中高生の共感を呼び、その影響からバスケを始める少年少女が続出した。「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で1990年42号から1996年27号まで連載され、国内におけるシリーズ累計発行部数は1億2000万部を超える。

2018年に全カバーイラスト描き下ろし、物語の節目ごとに巻を区切り直した新装再編版(全20巻)が刊行、連載開始30周年となる2020年にはイラスト集『PLUS / SLAM DUNK ILLUSTRATIONS 2』が刊行されている。テレビアニメ(1993年10月~1996年3月)やゲームなども製作。2006年には若いバスケットボール選手を支援するための「スラムダンク奨学金」も設立された。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ