男性は女性の「弱さ」に惹かれる! モテる弱い女性の作り方5選

fumumu




「今年はどんな女性になろうかな?」と、いつも年初めだけは気合が入る中村愛です。

あ、どうぞ今年もよろしくお願いします。そして、相も変わらず「今年もモテたいぞ!」なんて思う人に、コラムを綴っていきますよ。

今回は「男性って結局弱い女性が好きなんでしょ?」事案です(笑)。

■自分より弱い女性が好きな人の割合


ということで、今年もfumumu編集部にお願いして、全国10~60代の男性905名を対象に調査してみました。すると…

自分より弱い女性が好きな人の割合

全体の36.1%が、「自分より弱い女性が好き」と回答しました。

関連記事:やっぱり上品な女性がモテる!? 取り入れたい仕草7選

■10・60代男性は弱い女性が好き?


世代によってはだいぶ割合が違っていたので、年代別結果もご覧ください。

自分より弱い女性が好きな人の割合

なぜか10代と60代の男性が、「弱い女性が好き」と多く答えていることが判明しました。わたしが考えるに「弱い女性が好き」という若い頃の記憶や経験から、「やっぱり強い系も良いよな」「いや、結局は弱いほうが可愛い好き」といった具合に、一周回った気がします(笑)。

■弱い女性がモテる理由


では、男性が「弱い女性が好き」な理由は、一体なんなのでしょうか。

・「守ってあげたい」男性心をくすぐられる

弱い女性を見ると、「僕がいないと生きていけない」「心配だから俺がそばにいてあげなきゃ」といった気持ちをくすぐられる男性が多いようで。たしかに女性も母性本能という言葉がありますが、それの逆バージョンなのかもしれません。

・単にかわいい

弱い女性は、何でもできる女性とは真逆の立ち位置にいます。なので「ん? わからない」「知らなかった」「できない」などといった弱い女性が発しそうなセリフが、どうやら良いようです。

・男性が優越感に浸れる

まだまだ日本では「女性は弱くあってほしい」と思う男性が多いので、そういった男性からすると、弱めの女性に対して優越感に浸れるというのが、本音のようです。

■モテる”弱い女性”の作り方5選


ということで、最後にモテる要素を使った弱い女性の作り方を書いて、今日の授業は終わり。

その1:「話すレスポンスを遅くする」

会話をしているとき、ポンポンとレスポンスが早くて話が盛り上がるってことありますよね? それってとっても良いことだけど、恋人としてというよりは、友達としてだったり、仕事としてプラスに働くことが多いんです。

恋人としてかわいいと思われるためには、レスポンスを遅くして少し”ズレてる””トロい”と思わせましょう。

・その2:「悩み事を話す」

強い系女性は、悩みなんてないイメージだったり、自分で解決できる気がしますよね。そうではなく、こちらから悩みを持ちかけることにより、「弱さ」をアピールすることができるんです。

・その3:「手で顔の一部を隠す」

自分に自信がある人より、少し自信がないのかな? と思わせることが、モテる弱い女性への近道です。そのためには、顔にコンプレックスがあるふりをしてみましょう。一番は、口を手で隠して笑うのが自然で効果的。

・その4:「素直になる」

強がっている女性って、ツンデレ好きにはモテそうですが、一般的にモテるのは素直な女性。分からないことを「教えて」と言える女性は、弱さと素直さを兼ね備えていてモテちゃいます。

・その5:「謙遜する」

褒められたときにどんな対応するかも、モテるかどうかの判断材料になります。モテる弱い系女性は褒めらても、「そんなことない」「自分ではそういうところが嫌なの」などと謙遜します。

弱い女性も、奥深い。

・合わせて読みたい→男ウケは狙ってない! 男性に言われてイラっとしたセリフ

(文/タレント・中村 愛)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年9月18日~2020年9月23日
対象:全国10代~60代の男女1,391名(有効回答数)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ