圧巻ダンス披露“驚異の妊婦”ケリー・ローランド、出産間近のセルフケア明かす

間もなく第2子を出産予定のシンガー、ケリー・ローランドは現在、様々な妊娠後期の症状に悩まされているという。そんなケリーがこのほどInstagramストーリーに短い動画をアップしマタニティ専門店のある人気グッズを紹介、自宅でセルフケアにいそしむ様子を公開した。

昨年10月に第2子の妊娠を公表した元「デスティニーズ・チャイルド」のメンバー、ケリー・ローランド(39)。夫ティム・ウェザースプーン氏、長男タイタンくん(6)とのスリーショットを収めた昨年のクリスマスカードでは、体にフィットしたドレスを着用し大きなお腹を披露していた。

そんなケリーもいよいよ出産日が近づき、お腹の張りやむくみ、腰痛など様々な症状に悩まされている様子。米時間5日に自身のInstagramストーリーを更新したケリーは、短い動画の中であるお助けアイテムを紹介、自宅でできる手軽なセルフケアを披露した。

このたびケリーが紹介したのは、アメリカのマタニティ専門店「Hatch」が販売するお腹専用のシートマスクだ。“BELLY MASK(ベリーマスク)”というそのままのネーミングの同商品は、妊娠中のお腹をすっぽり覆う特大サイズの円形シートマスクになっている。同社ウェブサイトによると、アロエやプロポリス成分配合のこのマスクは腹部に潤いを与えたり、産前の妊娠線、産後の傷痕などを目立たなくする効果があるとのこと。ひんやりしたつけ心地も張りやむくみを解消するのに一役買っているようで、ケリーも

「今、すっごく痛みが和らいでるわ」

とその効果を絶賛している。1枚12ドル(約1240円)と値段は決して安くはないが、「効果てきめん!」「贅沢なセルフケア」「産後も愛用中」とユーザーからのレビューも5つ星が並ぶ人気グッズのようだ。

動画では横向きに立ったショットも公開しており、かなり大きくなったケリーのお腹を見ることができるのだが、その圧巻のサイズには

「しかしこのお腹。このお腹よ。」

「かなり突き出てるわよね。」

と自身も驚いている様子。動画の最後では

「もう間もなくよ。」

と出産が間近に迫っていることを明かしていた。

2月に40歳の誕生日を迎えるケリーは昨年、『Women’s Health』のインタビューの中で、2人目についてはこれまでも夫と漠然と話し合っていたこと、幸運にもすぐに第2子を授かることができたことなどを明かしていた。パンデミックや“Black Lives Matter”ムーブメント、そしてアメリカ経済の低迷が続くなかで、自身の妊娠を公表することに迷いがなかった訳ではないが、こんな時代だからこそ「命の尊さを人々に思い出してほしい」と訴えていた。

最近デビューしたばかりのTikTokでは、大きなお腹を抱えつつハードなダンスムーブに臨んでおり、妊娠中ということを微塵も感じさせない軽やかでキレのある動きが、「超人的」「驚異の妊婦」と話題をさらっている。

そんなケリーの出産予定日はもう間もなくとあって、多くのファン達も第2子誕生のニュースを指折り数えて待っているようだ。



画像は『Kelly Rowland 2020年11月20日付Instagram「#Pink Chocolate」、2020年12月24日付Instagram「Sending you all love, peace, and safety This holiday season!」、2021年1月5日付Instagram』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ