AirTagsやARデバイス、新型AirPodsが2021年にやってくるらしい

210107apple
Image: hanohiki / Shutterstock.com

怒涛のお買い物ラッシュ。

2020年はたくさんのApple(アップル)製品が登場しましたが、2021年も紛失防止タグ「AirTags」、AR(拡張現実)デバイス、新型AirPodsなど多様なデバイスが登場するかもしれません。

著名アナリストのミンチー・クオ氏が伝えた、今回の報告。同氏は以前アップルのARデバイスについて、iPhoneと連携して位置情報や画像表示、インターネット接続、位置情報サービスを取得する、ディスプレイ的なデバイスになると予測しています。

またAirTagsについてはこれまで何度も投入の噂が伝えられており、先日にはついにペアリング時のアニメーションらしき画像も登場。気軽に購入できる価格帯で登場するのかに注目です。

そして新型AirPodsについては、Bloombergが「Pro風デザインで軸(うどん部分)が短い第3世代AirPodsと、軸がなくなり丸みを帯びた第2世代AirPods Pro」が登場すると報告しています。さらに、第2世代AirPods Proには大小2サイズが登場するとの噂も…? こちらも、実に気になりますね

最後に台湾紙のDigiTimesは、2021年に登場するiPhone 13(仮)の全機種にLiDARスキャナが搭載されることを報じています。オートフォーカスなどを支援してくれるLiDARの採用が広まれば、iPhoneでの写真撮影がさらに楽しくなりそうです。

Source: 9to5Mac, DigiTimes via MacRumors

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ