新成人がほしい車ランキング、1位は? - 2位BMW、3位ワーゲン


ソニー損害保険は1月5日、「新成人のカーライフ意識調査」の結果を発表した。調査は2020年12月2日~9日、2000年4月2日~2001年4月1日生まれの今年の新成人1,000名(男女各500名)を対象にインターネットで行われた。

調査によると、今年の新成人の運転免許保有率は51.3%(うちマニュアル14.5%)。2020年の前回調査から5.1ポイント下降した。

マイカーの所有率は14.4%と少数であったが、「自分の車を購入する予定がある」(9.4%)や「購入する予定はないが、いずれは欲しい」(44.1%)など、多くの人がマイカーを所有することに対し前向きに考えていることが明らかに。

そこで、車を持ちたいと思った理由を聞いたところ、「移動が楽だから」(59.9%)、「買い物の際に便利だから」(38.6%)、「レジャー・旅行の際に便利だから」(33.9%)が上位に。一方、車を持たない理由としては、「購入費用を負担に感じるから」(53.3%)が最も多く、次いで「燃料代や修理費など、維持費がかかるから」(35.8%)、「交通事故・トラブルを起こしたくないから」(33.0%)、「車以外の移動手段が充実しており、車に乗る必要性がないから」(29.9%)と続いた。

運転免許保有者と取得予定者822名のうち車の所有に肯定的な668名に、車を購入する際の予算を聞いたところ、平均額は181万円と前回調査から3万円ダウンした。

また、全回答者1,000名に、車がある生活(カーライフ)をするにあたり、どの程度の手取り月収が必要だと思うか聞いたところ、平均で23.1万円という結果に。さらに、車がある生活(カーライフ)をするにあたり、1カ月いくらまでならかけられるか聞いたところ、平均1万4,947円となり、2015年(1万8,656円)から続いていた減少傾向が一服する結果となった。

次に、新成人に現在欲しい車を聞いたところ、1位「アクア(トヨタ)」(16.5%)、2位「BMW(1シリーズ/3シリーズなど)」(12.9%)、3位「フォルクスワーゲン(ゴルフ/ポロなど)」(11.2%)、4位「プリウス(トヨタ)」(10.9%)、5位「レクサス(RX/NXなど)」(10.3%)となった。

男女別のトップ3は、男性は1位「アクア(トヨタ)」、2位「BMW(1シリーズ/3シリーズなど)」、3位「レクサス(RX/NXなど)」。女性では1位「タント(ダイハツ)」、2位「アクア(トヨタ)」、3位「N-BOX(ホンダ)」となった。

;link;;
/article/20201219-1598407/
/article/20201216-1595857/
/article/20210106-1623289/
/article/20201215-1593852/

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ