セブンイレブン、今年初サンドイッチでついに進化 「脱ハリボテ」に期待高まる

しらべぇ




セブン−イレブン(以下、セブン)は1月5日と6日、サンドイッチの『ハムカツサンド』(税込259円)と『こだわりクリームのいちごサンド』(税込386円)を販売開始。

セブンといえば昨年、具材たっぷりに見える断面図とは裏腹に後方部分に具がない…という「ハリボテ騒動」が話題になった。しらべぇ編集部ではこれまで何度も「ハリボテ度」を検証してきたが、はたして今年のサンドイッチはどうなっているのか…。新年初のサンドイッチを早速検証してみよう。

画像をもっと見る

■文句ナシのクオリティ




まずは、6日発売の『ハムカツサンド』から。東北、関東、新潟県、北陸、東海、島根県、広島県、山口県で販売されている。



ハムカツはやや厚めで、マヨネーズで和えたキャベツもぎっしりと詰まっており、断面は非常にボリューミーだ。ハムカツはしっかりとした食べごたえがあり、からしもピリッと効いていてかなりウマい。キャベツはマヨネーズの量が若干多いように感じたが、甘さがあってハムカツの旨味がより強調される。

パンの端の部分が若干ではあるがスペースがあるのは気になったが、味のバランスが良くかなり美味しいサンドイッチ。このクオリティで259円という安さには「さすがセブン!」と言いたくなる。

個人的には「当たりサンドイッチ」だが、気になる中身は…

関連記事:セブンイレブン、新作サンドイッチでまさかの「ハリボテ」 味は激ウマなのに…

■「ハリボテ感」はナシ!




これは…十分に具材が詰まっていると言えるのではないか!?



アップで見るとこのような感じ。後方部分は空白があり、サイド部分もキャベツしか入っていない箇所があるが、これならまったく問題ない。どおりで最後まで食べごたえがあるはずだ。

■もう片方のハムカツサンドは…




パッケージには「キャベツ増量」とあるが、量はこのような感じ。大ボリュームというわけではないが、これ以上量が増えるとハムカツの味を殺してしまうため、これがベストの量ではないだろうか。



こちらはもう片方のサンドイッチ。「片方だけハリボテ」のものはいくつかあったが、今回も若干ではあるがボリュームは少なめ。とはいえ、これは許容範囲内だろう。

値段も安く食べごたえも抜群の『ハムカツサンド』は、ハリボテではないことが証明された。

■いちごがぎっしりの『いちごサンド』




続いては、5日に発売された『こだわりクリームのいちごサンド』。北海道、東北、関東、甲信越、北陸、中京、島根県、広島県、山口県で販売されている。



断面はこのような感じ。なんといっても、パンから大幅にはみ出ているいちごが特徴だ。中身は、ほどよい酸味のいちごと、ホイップ、カスタードの2種類のクリームで、まるでショートケーキを食べているかのような感覚に。パッケージには「こだわりクリーム」とあるが、たしかにこれは激ウマだ!

セブンのフルーツサンドは本当にどれもクオリティが高い。ただ、これまでもフルーツサンドで「ハリボテ」が証明されてきただけに、不安は残る。

公式サイトには「パンの後ろまで盛り付けた苺」と記載されており、公式がハリボテを真っ向から否定しているが、はたして…

■気になる中身は…




断面部分に大きないちごが3つ、中央部分に小さめのサイズが1つ、そして後方部分にさらに小さいいちごが1つ。



隙間には2種類のクリームが詰まっており、空白は少ない。これまでのフルーツサンドがかなりスカスカだっただけに、これは進歩といえるだろう。前回の「フルーツサンド」も片方は中身ぎっしりだったが、さらに進化を遂げているようだ。

■一点だけ疑問も…




ただ、公式サイトの「パンの後ろまで盛り付けた苺」という文には若干の疑問が残る。断面部分の大きないちごとくらべると、後方部分のいちごはあまりにも小さい。これを「後ろまで盛り付けた」とするのはやりすぎ感が否めない。価格も386円と決して安くはないため、もう少し大きいいちごを期待してしまう。



ちなみに、もう片方のサンドイッチはこのような感じ。こちらは後方部分のいちごもそこそこ大きいため、これなら納得だ。

片方のいちごサンドだけ若干の不満は残るものの、味のクオリティは申し分なし。ぜひ一度食べてみてほしい。

・合わせて読みたい→セブン、サンドイッチの「ハリボテ」を検証したら… 巧妙な盛りテクニックを発見

(取材・文/しらべぇ編集部・二宮 新一

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ