鈴木保奈美、トレンディードラマ全盛期の失敗談を明かす!

TOKYO FM+

乃木坂46の山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(だれはな)」。1月5日(火)の放送は、女優の鈴木保奈美さんがゲストとして登場。プライベートな一面について話してくれました。



鈴木保奈美さん(右)とパーソナリティの山崎怜奈

鈴木さんは1986年に芸能界デビュー。CMやドラマなどで活躍し、ヒロイン・赤名リカを演じたドラマ「東京ラブストーリー」(フジテレビ系)は多くの話題を集めました。子育て専念のため、1度は芸能界を引退しましたが、2008年に活動を再開。現在はドラマ・映画出演や執筆連載などで忙しい日々を送っています。

そんな鈴木さんが昨年12月に出した初のエッセー集「獅子座、A型、丙午。」(中央公論新社)では、イメージとは違った一面を垣間見ることができます。れなちが、「こんなに包み隠さず書かれるんですね」と驚くと、鈴木さんは「半分はトホホな情けない話。もう半分は怒っていますね。毒を吐いています」と笑います。

周囲やファンからは「意外な感じでした」との声が多かったそうですが、鈴木さんは「書いていたらどんどん情けないことが出てくるし、毒を吐くし……でもそれが私なので」とキッパリ。悩みは家族などに頼らず、自分で解決すると言います。「納得するために自分で答えを出すのが信条」という鈴木さんに、れなちは「軸がスッと通っている感じが、お芝居やお人柄に出ている。気持ちいいくらいの『スッ』」と感嘆しました。

また、リスナーからの「実際に子どもを持つと演技に活かされますか?」との質問に対する鈴木さんの答えは、「活かしているつもりはないけど、細胞に染みついているのかも」。私生活では、「子どもから教わることばかり」と笑顔をのぞかせます。

さらには、トレンディードラマ全盛期での失敗談も。冬の作品に出演する機会が多かった当時、ストーブに近づきすぎて衣装を焦がしてしまったことがあるそうで、「(作品中に)急にパンツ(ボトム)の色が変わっていたら焦がして着替えたんだと思って」とはにかんでいました。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年1月13日(水) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。
放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55
パーソナリティ:山崎怜奈(乃木坂46)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/

当記事はTOKYO FM+の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ