サルマ・ハエック(54)、2021年はゴージャスなビキニショットで幕開け

メキシコ出身の女優サルマ・ハエックが、新年早々にアップしたビキニショットが「美しすぎる」と評判だ。昨年9月に54歳の誕生日を迎えたサルマだが、彼女のInstagramには「54歳なんて信じられない」「50代半ばでこの美しさは反則」といったコメントが殺到している。

『フリーダ』(2002年公開)に主演し、アカデミー賞やゴールデン・グローブ賞の主演女優賞にノミネートされたサルマ・ハエック。2007年に大手ファッション企業「KERING(ケリング)」の会長兼CEOの富豪フランソワ=アンリ・ピノー氏(François-Henri Pinault)との間にヴァレンティナさんを授かり、2009年に同氏と結婚した。

美しい顔立ちに加え、メリハリのきいた女性らしい体型が称賛されることの多いサルマは、ピラティスや「HIIT」(High Intensity Interval Training、脂肪燃焼に効果的な高強度インターバルトレーニング)を取り入れるなど日頃からアクティブなライフスタイルを心がけながら、産後そして50代に突入後も変わらず引き締まった体型をキープしている。そんな自慢の美ボディは度々Instagramでも公開されており、昨年末にはゴージャスな水着ショットが137万件超の「いいね!」を獲得した。

米時間2日には、新年初となる美しいビキニ姿を公開したサルマ。今回はブラウンのホルターネックビキニで、胸の谷間に挟まったゴールドのネックレスがセクシーな1枚だ。こちらの悩殺ショットは現在200万件を超える「いいね!」を獲得しており、1万5000件超寄せられたコメントは

「驚異の美ボディ!」

「嫉妬する気になれないほど美しい」

「最高にホット!!」

とサルマの美貌を称賛するものばかり。みずみずしく健康的な肌感や引き締まったボディは、20代と言っても通用しそうな美しさのため、

「54歳なんて信じられない」

「50代半ばでこの美しさは反則」

「50を過ぎてもまだ、こうやって世の男たちを泣かせるなんて」

などサルマの年齢に言及するコメントが多く見受けられるのも頷けてしまう。おそらく新年の抱負に「ダイエット」を掲げた人の中には、年明け早々にアップされたサルマのこの水着ショットにより一層モチベーションを高めた人も少なくなかったであろう。

ちなみに水着ショットの美しさに定評のある同世代女優としては他にも、ストイックなトレーニングで磨き上げた美ボディが自慢のハル・ベリー(54)や、自身のビーチウェアブランド「Elizabeth Hurley Beach」の広告塔を自ら務め、Instagramに度々美しい水着ショットを公開しているエリザベス・ハーレイ(55)らが挙げられる。

日々のストイックな努力でエイジレスな魅力を振りまく50代の美魔女達、今年もそんな彼女達の活躍を楽しみにしたい。

画像は『Salma Hayek Pinault 2020年12月18日付Instagram「Check out the new @vanidadesmx where I got to talk about life, Mexico and season 2 of Monarca!!!」、2020年12月29日付Instagram「Last days of 2020.」、2021年1月4日付Instagram』『Halle Berry 2020年8月15日付Instagram「Leo Season in full effect」』『Elizabeth Hurley 2020年6月9日付Instagram「Glorious followers, we’ve received a small restock of our very limited edition Peacock Robe and, because it’s nearly my birthday, they have 30% off」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ