『おちょやん』千代と守衛の“対決”シーン撮影裏話「実は杉咲花さんと渋谷天外さんのアドリブ」

 杉咲花が主演を務めるNHK連続テレビ小説『おちょやん』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第5週「女優になります」(第23回)が6日に放送され、千代(杉咲)が撮影所の守衛・守屋(渋谷天外)と繰り広げたコミカルな“対決”シーンの撮影裏話を番組公式ツイッターが明かした。

ある日、千代は女優を目指す同僚の女給・洋子(阿部純子)と真理(吉川愛)が活動写真のオーディションに合格したことを知る。これをきっかけに千代は、自分も女優になることを決意する。

その翌日、千代は鶴亀映画京都撮影所へ。しかし部外者である千代が守衛の守屋に「偉い人てどこにいてはります?」と入り口で尋ねたところで「悪いけど、出て行って」と追い出されるほかなかった。

「関係者以外立ち入り禁止」と守屋から念を押された千代。しかし千代は守屋の目を盗んで撮影所の中に入ろうとしたり、関係者の後ろにピッタリ張り付いて侵入しようとしたりと手を尽くすが、守屋がそれを阻止。さらに千代はボロ布とハゲヅラをかぶるという雑な変装で正面突破を試みるものの、守屋から「ワシの目がごまかせるとおもてんのか!?」「似合いすぎじゃ!」と叱責されてしまう。これには千代も思わず「ウチもこないして頑張ってんねん!」と嘆くことに…。

千代役の杉咲と守衛役の渋谷天外のコミカルなやり取りに、ネット上には「まるで漫才のようで面白い」「コントかよw」などの声が寄せられた。

第23回の放送直後、本作の公式ツイッター(@asadora_bk_nhk)がツイートを更新。「何とか入ろうとする千代ちゃんと、阻止する守衛の守屋さんのバトル。実は ‪#杉咲花 さんと ‪#渋谷天外 さんのアドリブとか」と明かすと、さらに「あれは現場で作り出されたものなんです。役者としてとても面白いシーンでした」と渋谷のコメントも紹介した。‬‬

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ