新国立劇場バレエ団「ニューイヤー・バレエ」全公演が中止

SPICE



2021年1月9日(土)~11日(月・祝)に、新国立劇場オペラパレスにて公演を予定していた新国立劇場バレエ団「ニューイヤー・バレエ」の全公演中止が発表された。公演関係者に対し1月4日(月)に行った新型コロナウイルス検査により、1名の陽性反応者が確認されたため。

新国立劇場では「新国立劇場における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」を定め、感染拡大防止に努め、その一環として、定期的に公演関係者にウイルス検査を行っている。当該感染者に現在症状は出ておらず、「ニューイヤー・バレエ」公演関係者は現在自宅待機に入っており、後日改めてウイルス検査を実施予定とのことだ。

また公式サイトでは「当該感染者は、新国立劇場で開催する貸劇場公演、他の主催公演の公演関係者と接触していないことを確認しており、今後予定されている貸劇場公演、主催公演に影響はございません。新国立劇場では、引き続き保健所をはじめ関係各所と連携し、お客様の安心・安全、また、スタッフ・キャストの安心・安全を最優先に、感染拡大防止に努めてまいります。」としている。

中止公演


●新国立劇場 『ニューイヤー・バレエ』 2021年1月9日(土)~11日(月・祝)

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ