つじあやの、“WOMAN”がテーマの10年ぶりとなるオリジナルアルバムの制作を発表 最新アーティスト写真も公開に

SPICE


キャリア21年目に突入しているつじあやのが、前作『虹色の花咲きほこるとき』以来約10年ぶりとなるオリジナルアルバムを制作中であることを発表し、合わせて最新のアーティスト写真も公開した。

制作中のアルバムのテーマは“WOMAN”。つじは、恋愛、結婚、出産、子育てなどこれまでの様々な経験を経て、改めて「完璧なWOMANなんてどこにもいなかった。けど、その時々に愛しい私がいた。完璧じゃなくても、愛おしい日々。喜びも悲しみも半分半分がちょうどいい」と気付いたという。そこには、時に疲れ、色褪せ、それでも何かに突き動かされながら生きた女性たちの姿が描かれており、ウクレレと癒しの声がアイコンのつじあやのらしさがトレースされた楽曲から、新しい歌詞の世界観へチャレンジした楽曲まで、一人の女性として自然体で人生を見つめた作品を目指しているとのこと。発売日やタイトル、収録曲等の詳細は追って発表される予定。

また、つじ自身のインスタグラムアカウントが開設され、つじ本人も「のんびり更新していきたいと思います。覗いてみてくださいね」と呼びかけている。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ