次のトレンドは1軸ジンバルかもね。自撮り棒にもなる「MOZA NANO SE」が便利そう

210105nanose_01
Image: Amazon

普段使いを意識すると、こっち方面に進化するのも納得。

ケンコー・トキナーから、「スマホ用セルフィージンバル MOZA NANO SE」が販売中です。スマホジンバルといえばこういうかたちが一般的でしたが、よりシンプルな一軸系もわりと安定するっぽいですよ。



伸縮式の自撮り棒を内臓していて、見た目はまさに自撮り棒。でもスマホホルダー部分には1軸モーターが内臓されていて、しっかり水平を保ってくれます。収納性も高いし、かなり良いとこ取りなガジェットでは?

着脱式のリモコンが付属していて、シャッターやスマホの縦横回転が操作可能。ジンバルだと保持している部分で操作していましたが、リモコン操作を片手に任せることでよりフレーミングに集中できる利点もありますね。
210105nanose_02

地味ながら嬉しいのが、自立できる点。この状態でもリモコンは使えるので、配信者っぽい撮影もできちゃうんですな。自撮り棒にも、ジンバルにも、スタンドにもなる。はぇ~優秀。

Amazonでは5,255円で販売中。最近だとスマホ自体に手ブレ補正が内臓されてるものもありますし、ジンバル側の補正力は抑えめにして使い勝手を伸ばしていくスタイル、間違ってない気がしますね。Vlogやスーパーショット撮影のお供に。

Source: Amazon, YouTube

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ