社会人5年目の女の譲れないお金の使い道とは?

カナウ


社会人5年目の女の譲れないお金の使い道とは?

みなさんはどんな物事にお金を使いますか?
食べるもの?趣味?人との付き合い?

社会人5年目になるわたしには少ないお給料の中でも削ることができないお金の使い道があります。

今回は、譲れないお金の使い道について真剣に考えていきます。

目次

惜しまずにお金を出せるもの


なかなか上がらないお給料。その少ないお給料の中からでもわたしが惜しまずお金を出せるもの…
それは『快適さ』です。
趣味や食べ物、住む場所などさまざまな項目がある中でわたしはこれだけはどうしても譲れません。
具体的に説明します。
みなさんは自炊をしますか?
わたしはほとんど自炊せず、外食したり、コンビニで買ったりして日々過ごしています。
なぜ自炊をしないかというと、買ってきたものを食べる方が作るよりも楽だからです!
料理をすること自体は特に嫌いではありません。
買ってくるよりも自炊をした方が節約になるということも分かっています。
しかし、わたしにとっては自分のためだけに料理をするということがとにかく面倒なんです!
出来合いのものを買うと自炊するよりも多少お金はかかりますが、それ以上に買ってくる方が楽だし、快適なので、コスパが良い!という結論になるのです。

不便をお金で解決して時間や関係性を大切にしたい


例えば、将来結婚したとしましょう。
夫婦で家事の分担をすると思いますが、なかなかうまく分担できないときもあるかもしれません。
家事をするかしないかでケンカになるくらいならわたしはお金を払って家事代行サービスを利用したいと考えます。
他の人から、「家事代行なんて勿体ない!節約しなよ~!」と言われたとしても、関係ないのです。
わたしは快適さをお金で買い、家事をするかしないかで揉める時間や、家事をするその時間を何か他のことをしたり夫婦で雰囲気良く過ごすことに使いたいのです。
だから『快適さ』を買うという選択肢を迷わずに選べる余裕を持っていたいと常々考えているのです。

さいごに


社会人5年目のわたしが惜しまずお金を出すもの…それは『快適さ』です。
自分たちが楽をすることに罪悪感を感じる必要はありません。
不便をお金で解決し、その時間をもっと大切なものに使ってもいいのです。
だからわたしは『快適さ』に惜しまずお金を出せるようになりたいです。
みなさんにも必ずこだわりがあると思います。
みなさんの譲れないお金の使い道はなんですか?
(死にたい女/ライター)

The post first appeared on .

当記事はカナウの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ