6日 嵐を呼ぶ低気圧 日本海で急速に発達

日直予報士

きょう6日は、日本海で急速に発達する低気圧が、あす7日にかけて北海道付近へ。各地で風が次第に強まり、今夜から強い寒気と冬型の気圧配置の影響が。あすは各地で暴風雪や大雪、高波に警戒が必要に。きょうは気温があまり上がらず、各地で厳しい寒さ。

●西まわりの寒気 全国にも

専門家の間では「西まわりの寒気」という言葉があります。日本付近に南下してくる寒気が、九州や中国地方などに先に到達し、やがて全国を覆うパターンのことです。この図は、上空1500メートル付近の気温の様子を表したもので、この高度の気温がマイナス6℃以下の場合、平野部でも雪になる目安としています。このラインが、今夜6時には九州北部から中国地方、四国の瀬戸内側を覆う予想です。この寒気のエリアは、今夜日付が変わる頃には、近畿や東海などにも広がりを見せるでしょう。あすには、関東付近までやってくる見込みです。

●きょうの天気 九州や中国地方は今夜から雪や雨

きょう6日(水曜日)の各地の詳しい天気です。
【沖縄】北よりの風が強めに吹いて、日中は曇り空の所が多い見込みです。夜になると冷たい雨が降るようになるでしょう。
【九州】西よりの風が次第に強まるでしょう。日中は晴れ間の出る所がありますが、徐々に雲が広がって、夜は多くの所で雪や雨が降るでしょう。
【四国】こちらも西よりの風が強まりますが、きょうは晴れる見込みです。
【中国地方】山陰は雲が多く、所によって雪か雨が降り、カミナリの鳴る所があるでしょう。山陽は晴れから次第に曇って、夜は山沿いを中心に雪の降る所がある見込みです。
【近畿】晴れ間がありますが、雲の多い天気になりそうです。北部では夕方ごろから雪か雨が降り、カミナリの鳴る所があるでしょう。
【北陸】次第に南よりの風が強まり、雨や雪が降りやすいでしょう。大気の状態が不安定で、所々でカミナリが鳴る見込みです。
【東海】大体晴れますが、岐阜県の山沿いでは午後から雪が降るでしょう。静岡県内では遠州灘付近で西よりの風が強まりそうです。
【関東】午前中は晴れる所が多い見込みですが、南部では昼ごろから雲が広がり、北部でも夕方から曇るでしょう。沿岸部では、夜に雨の降る所がありそうです。北部の山沿いは雪の降る所があるでしょう。
【東北】日本海側は雲が多い一日で、局地的な雪が降るでしょう。太平洋側は日中は晴れますが、夜は雲が広がる見込みです。
【北海道】日本海側は雲が多く、雪の降る所があるでしょう。太平洋側は晴れそうです。

●きょうの気温 各地で厳しい寒さ

きょう6日(水曜日)の最高気温は、きのうと同じか低い所が多いでしょう。特に、沖縄や九州、中国地方から北陸では、ぐっと寒くなりそうです。
予想最高気温は、沖縄では、18℃から20℃でしょう。きのうより3℃前後低い見込みです。九州は、南部は10℃前後になりますが、北部は10℃を下回るでしょう。きのうより5℃も低い所がありそうです。四国は、10℃くらいですが、寒中らしい寒さです。中国地方は、10℃を下回る所がほとんどで、山陰側では5℃前後の所もあるでしょう。近畿は、きのうとほぼ同じで8℃から10℃くらいの予想です。北陸は、5℃以下の所が多いでしょう。寒の内とは言え震える寒さです。東海は、10℃前後の所が多いでしょう。風が強まる静岡県内は体感温度が下がりそうです。関東は、7℃から10℃くらいで、きのうより寒さを感じるでしょう。東北は、南部の太平洋側でも5℃以下でしょう。南部の日本海側や北部各地は0℃を下回る所が多く、青森市や盛岡市は7日連続の真冬日になりそうです。北海道は、各地で0℃未満の真冬日です。札幌市は12日連続、函館市は9日連続の真冬日になる予想です。

当記事は日直予報士の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ