逆にチャンス? 好きな人から「男性を紹介されそうなとき」の対処法




「素敵だな、いいな」と思っている相手から、「今度、いい人紹介しようか?」とか、「○○さんが君の連絡先を知りたいみたいで、教えていい?」といわれたら……大きなダメージを受けますよね。
とはいえまだ自分の胸の内を伝えていないだけに、うかつなこともいえないもの。そんなとき、どのように対応すればいいのでしょうか?

好きな人から男性を紹介されそうなとき

思い切って紹介された相手に乗り換える

「友達や知り合いを紹介されるってことは、自分に脈はないんだなと諦めて、紹介された人に乗り換えるように努力する! 最初はすごくショックだけど、それでいいご縁があったらラッキーだし。せっかくの縁を無駄にはしないかな。
だって紹介されなくても、自分に気がなさそうな相手とはうまくいかなかったと思うし」(20代・学生)

▽ たくましい人のなかには、思い切って紹介相手に乗り換えるという強者もいました。脈がない人への思いは割り切って、新たな恋の可能性へと踏み出すのはしたたかです。しかし、そんな前向きさが幸せにつながるのかもしれませんね。

正直に「私は○○さんがいいんです」と伝える



「逆に自分を意識させるチャンスだととらえて、正直に『私は○○さんがいいんですけど』と伝えたことがある。ちょっと冗談っぽくだけど。
そうしたら、相手も私のことを気にしてくれるようになって、そこから私が猛アプローチ! 無事に付き合うことができた」(20代・会社員)

▽ がっかりするものの、逆にこれがチャンスだととらえて猛アピールし始めた人もいるようです。相手も「○○さんがいい」とはっきりいわれたら、彼女の思いには気づくもの。それどころか、ドキドキしてしまう人も少なくないのではないでしょうか。恋はタイミングともいいますし、まだまだこれからですね。

理由はいわずに断る

「ああ、私には脈がないんだなってがっかりするし、好きな人に紹介された相手と会ってもうまくいくと思えないから、何もしなかったな。理由はいわずに『そういうのはいいです』って答えただけ。紹介もされなかったし、もちろん彼との恋もうまくいかなかった」(30代・会社員)

▽ ショックなあまり、理由も何もいわずにただ断ったという人も。脈がないことに加え、好きな人に紹介してもらっても、相手を「好きな人の友達」としか認識できないという考えでした。
たしかに好きであればあるほど、傷は深まるもの。また紹介してもらったところで好きな人の顔が浮かぶものなのです。

「私がタイプなのは○○さんみたいな人です!」とアプローチ

「実際にバイト先の先輩に男性を紹介されたとき、すかさず『私が好きなのは先輩みたいな人です!』って伝えた。その流れから『先輩はどういう人がタイプですか?』ってリサーチしまくって笑われたなぁ。結局実らなかったけど、今でも仲がいいし、素敵な思い出」(20代・会社員)

▽ 思い切って「私がタイプなのはあなたです」と伝えるそうです。実らなかったとはいえ、相手に意識してもらうには最適ですね。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ