飲酒運転の男、警察犬に噛みつき犬のように吠えて警察官を威嚇(米)

アルコールの影響下で車を運転し妙な言い訳をする者は過去にもいたが、このほどアメリカで飲酒運転により逮捕された男は警察犬を噛み、犬のように吠えて警察官を威嚇するなどの奇行を取っていたことが分かった。『New York Post』『KRCR』などが伝えている。

米カリフォルニア州テハマ郡コーニングで12月19日、パトロール中だったコーニング警察の警察官が交差点で信号を無視したミニバンの運転手を追跡し逮捕した。交通違反を犯して逃走しようとしたというありふれた事件だが、メディアは逮捕された男の奇行に注目した。

同署によると男は地元に住むホルヘ・ブシオペレッツ(Jorge Bucioperez、39)で、シルバーのミニバンを運転しながらコーニング市内の交差点を時速10マイル(時速約16キロ)で赤信号を無視して通過したため、停止命令を受けた。

しかしホルヘは警察官の命令を無視してハイウェイ99号線に突き進み、時速約120マイル(時速約193キロ)までスピードをあげて逃走した。しばらく警察車両とのカーチェイスが続いたようだが、ホルヘは本線から脇道へと曲がり私道に入った途端に車を捨てて、塀を越えて民家の裏庭に逃げた。

警察官は“ブレイズ(Blaze)”という名前の警察犬を伴ってホルヘを追い、彼に向かってブレイズを放った。往生際が悪いホルヘは向かってきたブレイズを噛んで抵抗し、追いついた警察官に対しても噛もうとした上に、犬のように吠えて威嚇したという。

最終的に逮捕されたホルヘは、飲酒運転に加えて免停中だったことが判明した。また車両内から覚醒剤が見つかり、当局によって病院で検査をしたところ、ホルヘは覚醒剤と大麻を使用していたことが判明した。

翌日、コーニング警察署はホルヘの顔写真とともに逮捕劇についてFacebookに投稿すると、ユーザーから「噛まれたブレイズがかわいそう! ブレイズは美味しいおやつをもらうべきだわ」とブレイズを心配する声があがった。

しかしホルヘに噛まれたことによってブレイズが負傷したという発表は無く、怪我などはなかったものと見られている。

ホルヘは飲酒運転に薬物所持、重罪回避などの罪により身柄を拘留され、保釈金7万ドル(約720万円)が設定されたという。

画像は『Corning Police Department 2020年12月20日付Facebook「While our city was asleep...」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ