見た目はチョコだけど実は大福!エシカルな和スイーツが登場

IGNITE


和菓子も洋菓子も大好きな甘党派にぜひご紹介したい和スイーツが登場した。

アロマ生チョコレート専門店「MAISON CACAO」と、和のチョコレートを提案する店舗「カカオハナレ」が、看板商品のアロマ生チョコレート6種を練りこんで作った「生チョコ大福」だ。

写真はイメージです

■チョコを練りこんだ斬新な大福

「生チョコ大福 6種入り」(税抜1,800円)は、和菓子と相性の良いチョコレート(みるく、抹茶、ゆず、紅茶、おれんじ、純米酒雪男)を贅沢に練りこみ、しっとり滑らかで繊細な味わいが楽しめるのが特徴だ。

そして実は生チョコを製造する過程で生まれる切り落とし部分を使用した”エシカルスイーツ”でもある。

表面にも酒粕のパウダーやゆずの皮部分から作るゆずパウダーをまぶすなど、無駄なく美味しく楽しむための工夫が詰まっている。

■鎌倉生まれのアロマ生チョコブランド



ちなみに、「MAISON CACAO」は、2015年に鎌倉の小町通りに誕生したアロマ生チョコレートブランド。品質とサスティナビリティへのこだわりから、コロンビアに自社農園を持ち、栽培、収穫、クーベルチュールへの加工までを現地で行なっている。

企業理念「未知を楽しむ」の元、世界各地を周り、素材やアートデザインなど多くの未知に触れ、新しいカカオ体験を提案する商品の開発、販売を行なっている。

また、2020年5月に誕生した「カカオハナレ」は、”お茶とチョコレート”をコンセプトに、厳選した和素材や日本の技術とコロンビアの香り高いカカオを掛け合わせ、お茶と楽しめるチョコレートスイーツを揃えた店舗。

現代らしい“エシカル”な和スイーツをトライしてみてはいかがだろう。

【販売期間と店舗】
12月30日(水)~ 販売期限なし
カカオハナレ 長谷店(神奈川県 鎌倉市長谷1-15-9)では定番商品として先行販売

1月2日(土)~1月11日(月) 下記店舗にて期間限定発売
・MAISON CACAO 鎌倉小町本店(神奈川県鎌倉市小町2-9-7)
・MAISON CACAO 大船ルミネウィング店(鎌倉市大船1-4-1 大船ルミネウィング3階)
・MAISON CACAO NEWoMAN横浜店(神奈川県 横浜市西区南幸1-1-1 NEWoMAN横浜1階)
・MAISON CACAO グランスタ東京店(東京都千代田区丸の内1-9-1グランスタ東京1F1-10-D)
・MAISON CACAO ルミネ新宿店(東京都新宿区西新宿1-1-5 ルミネ新宿 LUMINE1 B2)

https://maisoncacao.com/

(Yuko Ogawa)

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ