吊り橋効果!? コロナ禍で経験した出会いと別れ

fumumu

カップル(kazuma seki/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
コロナ禍の中、「1人じゃ不安」という気持ちから、支え合えるパートナーを探した男女は少なくありません。しかし、「時間が経つにつれて気持ちが冷めてしまった」というカップルも少なくないのだとか。

fumumu取材班が、経験者たちに詳しい話を聞きました。

(1)コロナ観がズレてきて…


「『コロナが怖い』で意気投合した元カレでしたが、コロナ観のズレがきっかけで別れました。

なかなか終息しないコロナ禍の中、『これからはwithコロナだから』と、考え方が変わってきた元カレ。

考え方はひとそれぞれなので否定はしませんが、そんな元カレと接するのが私は怖くなってしまって。申し訳ないけれど、別れました」(30代・女性)

関連記事:当時はめちゃくちゃ最悪だったけど! 元カレによって強くなった話

(2)デートを自粛して自然消滅


「コロナ禍でデートを自粛した結果、元カレとは自然消滅してしまいました。

コロナ禍をきっかけに始めたオンラインスクールで出会った元カレ。お互いに将来に対する危機感が高く、副収入を目指して切磋琢磨する中で距離が縮まり、交際を始めたのですが……。

新型コロナウイルスに対する危機感も高かったので、なかなか『会おう』という感じにならなくて。オンラインスクールの終了とともに連絡を取ることがなくなり、恋愛の方も終わってしまいました」(30代・女性)

(3)オンライン恋愛に疲れた


「オンラインでしか繋がれない恋愛に疲れ、別れました。

元カレとは、春にマッチングアプリで出会いました。『どうせコロナ禍で会えないから』と、居住地の縛りをなくして婚活をしたところ、すぐにマッチング。これぞ、運命の出会いだと思ったのですが……。

『コロナが終息したら会おうね』と盛り上がったのも束の間、交際開始3カ月目に入る頃には、すっかり話のネタも尽きてしまって。オンラインだけで恋愛を続けるのは、難しかったです」(30代・女性)

会いたくても会えない状況は、余計に燃えます。

しかし、この燃え上がった気持ちが「真実の愛」になるとは限らないようですね。

・合わせて読みたい→最悪な元カレの交際経験によって…今の自分があると思うエピソード

(文/fumumu編集部・志都)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ