昨年末に興行収入が324億円を突破し、ついに日本映画史上最高となる興行収入を記録した「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の大ヒットを受け、ネット上では「ある法則」に関する話題が再燃している。

■最後は『鬼滅』と『千と千尋』の一騎討ち




昨年10月16日より公開された『鬼滅』の映画だが、公開当初より凄まじい動員数を記録。公開前より「(興行収入)300億も夢ではないのでは」と囁かれていたが、公開からわずか3ヶ月足らずで興行収入324億7,889万5,850円という前人未到の領域へと達した。

『鬼滅』が記録を更新するまで19年に渡って国内興行収入一位を維持していた2001年公開の映画『千と千尋の神隠し』は、結果として二位に降格したが、それでも昨年の再上映を影響を受けて興行収入が316億8,000万年となり、依然として高い数値を誇っている。

関連記事:『鬼滅』と『タイタニック』の意外な共通点 「知らなかった…」とファンも驚き

■『千と千尋』以降の記録は…


「日本で一番高い山の名前」は国内だけでなく海外にも広く知れ渡っている常識だが、二番目に高い山となると、回答率がガクッと下がってしまう。

しかし国内の映画興行収入の記録を見ると、『千と千尋』以降も錚々たるタイトルがズラリ。例えば三位は『タイタニック』で、『アナと雪の女王』『君の名は。』『ハリー・ポッターと賢者の石』『もののけ姫』『ハウルの動く城』がそれに続く。

「やはりスタジオジブリは強し」と感じさせるラインナップだが、これらのタイトルにある共通点をご存知だろうか。

■ジブリ映画ヒットの法則




かねてよりジブリファンの間ではお馴染みとなっているが、前述の作品だけでなく『ルパン三世 カリオストロの城』『風の谷のナウシカ』『天空の城ラピュタ』『となりのトトロ』『魔女の宅急便』『紅の豚』『崖の上のポニョ』など、往年のジブリ名作は高確率でタイトルに「の」の文字が含まれているのだ。



『もののけ姫』に至っては「の」が連続して並んでおり、「ジブリ作品はタイトルに『の』が入っているとヒットしやすい」という意味で「『の』の法則」という通称でも親しまれている。

そこに今回の『鬼滅の刃』が特大ヒットを記録したとなれば…映画ファンがこちらの法則に再注目するのも納得だろう。

■ジブリだけにとどまらない普遍性?


新海誠監督による2016年公開の大ヒット映画『君の名は。』もタイトルに「の」の文字が入っており、3日夜に地上波初放送となった『天気の子』も同様である。もはや「『の』の法則」はジブリ作品だけに収まらない影響力と普遍性を兼ね備えている…と言えるかもしれない。

今後は巨匠たちの手による新作映画の情報が発表されたら、タイトルに注目してみよう。

・合わせて読みたい→市川海老蔵、『鬼滅の刃』歴代1位を祝福 『千と千尋』は7回見た?

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ