【神話グルメ】伝説のラーメン二郎吉祥寺店が激しくウマい / 高画質画像で味わう伝説のラーメン生郎



ラーメン二郎は世界的レベルで有名なラーメン屋さんです。正当な弟子たちが店舗展開をし、日本各地でラーメン二郎のラーメンを楽しめます。インスパイア店と呼ばれている「ラーメン二郎的なラーメン」を出しているラーメン屋は、日本のみならず海外にも存在します。

・伝説的な存在となっている

そんな人気のラーメン二郎ですが、いくつか閉店し、現在は食べられなくなってしまった店舗があります。さまざまな理由があって閉店したり、店名穂変更したりしたわけですが、すでに閉店したラーメン二郎のなかでも、伝説的な存在となっているのが、ラーメン二郎吉祥寺店です。

・個性的すぎる特徴があるラーメン二郎

ボロボロの店舗、踊るかのようにリズミカルに麺を揉みまくる店主、心を許した人しか撮影を許してくれない厳しさ、麺のボロボロボソボソ感、いろいろと特徴があるラーメン二郎でした。

ramen-jiro-kichijoji15
ramen-jiro-kichijoji13
ramen-jiro-kichijoji14

ramen-jiro-kichijoji2
ramen-jiro-kichijoji3
ramen-jiro-kichijoji4
ramen-jiro-kichijoji5
ramen-jiro-kichijoji6
ramen-jiro-kichijoji7
ramen-jiro-kichijoji8
ramen-jiro-kichijoji10
ramen-jiro-kichijoji11

・徹底的に揉みしだかれる麺

批判的な感想がとても多い店舗だったのは事実ですが、ディープなファンがいたのも事実。寡黙で怖いイメージの店主、徹底的に揉みしだかれる麺、スープを寄せ付けないボロボロボソボソ麺、だからこそウマイ。そう感じる人がいたのです。

・「強いコシがある個性的な麺」と思えば問題なく美味

事実として、他のラーメン二郎の店舗では味わえない、独特なテイストが楽しめました。実際に食べましたが、決してまずくない。麺は「強いコシがある個性的な麺」と思えば問題なく美味しく食べられます。

今思えば、あんなに麺を揉みしだいていたのに、麺がスープをほとんど吸い込まないのが不思議でした。だが、それがいい。私も、そんなことを思ってる客の一人でした。

ramen-jiro-kichijoji1
ramen-jiro-kichijoji
ramen-jiro-kichijoji16
ramen-jiro-kichijoji12

・ラーメン生郎のまま営業を続ける

このラーメン二郎の店名には秘密があります。いたずらによって、ラーメン二郎の看板が書き変えられ、ラーメン三郎になり、さらにラブメン生郎にされてしまい、最終的に修正を諦めた店主がラーメン生郎のまま営業を続けることになりました。

・神話となったラーメン二郎

すでにラーメン二郎吉祥寺店(ラーメン生郎)は閉店しており、ラーメン二郎吉祥寺店のラーメンを二度と食べることはできません。まさに伝説、いや、神話となったラーメン二郎といえるでしょう。





もっと詳しく読む: 【神話グルメ】伝説のラーメン二郎吉祥寺店が激しくウマい / 高画質画像で味わう伝説のラーメン二郎(東京メインディッシュ) https://main-dish.com/2021/01/04/ramen-jiro-kichijoji/

ラーメン二郎 吉祥寺店(ラーメン生郎)
住所: 東京都武蔵野市吉祥寺北町3-4-3
時間: 閉店
休日: 閉店
備考: ラーメン二郎吉祥寺店は営業していません
※現在同住所で「成蹊前ラーメン」が営業中です


当記事は東京メインディッシュの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ