【福袋2021】『カプリチョーザ』は時代にあわせて昨年より内容が大きく変化! とんでもなく消費者のことを考えてくれている中身だった



イタリア料理チェーン店『カプリチョーザ』の福袋を、記者はここ数年買い続けている。毎年満足しており、なにひとつ不満がない。「2021年の袋もきっと満足するんだろうな……」そんなことを思いながら、購入のため店舗へ足を運んだ。

店員さんから手渡されたものは紙袋。「あれ、昨年まで可愛いトートバッグに入っていたじゃない」と、残念な気持ちになったのはほんの一瞬のこと。中を開けると、とんでもなく消費者のことを考えてくれている中身だったことを、声を大にして伝えたいと思う。

・カプリチョーザ(税込2200円)福袋の中身
カプリチョーザオリジナルドレッシング
フレーバールイボスティー
1000円クーポン 2枚
エコバッグ

※福袋なので中身が異なる可能性があります

・パスタ麺にかわりルイボスティーが入っている
カプリチョーザ福袋ラバーズはお気づきだろう、例年と中身が大きく異なることを。これまで必ず入っていたパスタ麺が姿を消し、代わりにティーとエコバッグが入っている。これはこれで良き……!!

記者がよく利用する店舗では、食後にルイボスティーを出してくれる。かねてより美味しいなあと思っていたので、そのルイボスティーが入っているのは嬉しい。

そしてなによりありがたいのが、エコバッグだ。このエコバッグ、ただのエコバッグではない。カプリのピザが、ぴったりと入るように作られているのだそうだ。「ピザのテイクアウトに使ってくださいね」と店員さん。

めちゃめちゃ使う~~~! コロナ禍で、店内利用はしづらいなという人もいることだろう。そんな人たちのことを考えてこのバッグが作られたかと思うと、心がほんわかするではないか。

トートバッグも良いが、確かに今時期はこういったエコバッグの方が使えるかもしれない。福袋を売る側も、いろいろと試行錯誤しているんだなと感じられたカプリの袋。もうひと袋ぐらい買ってもイイかな……なんて思ったりしている。

Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.
こちらもどうぞ! → 「2021年福袋特集」

画像をもっと見る
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ