本命彼女も2番目も大事!…二股男の「別れる気が起きない」5つの理由 #172

ananweb

銀座のマガジンハウス6階、anan編集部の片隅に『クラブ佑雪』が開店。人生相談で有名な当クラブのママ、藤島佑雪さんが迷えるみなさんのお悩みにお答えします。今回は、彼女持ちの男性を好きになり、肉体関係もある34歳女性。彼も好意を示してくれているが、今カノには自分が必要だと自覚していて、別れる決断はできないという。佑雪さんが、白黒はっきりさせない二股男の本音をお伝えします!
文・藤島佑雪 イラスト・小迎裕美子

【クラブ佑雪】vol. 172

「彼女のいる同僚と別れたほうがいい?」


私は現在、同じ職場の3つ年上の男性と男女の関係になっています。私の異動で昨年度から彼と同じフロアで働くようになって、それから仕事するうえでとても尊敬するようになりました。コロナ禍で仕事の相談をするうちに近しくなり、LINEを交換して2人で会うようになりました。

会うときは基本ドライブです。いい雰囲気になっても何もしてこなかったのでずっと不思議だったのですが、1か月ほど経ち、9年付き合っている彼女の存在を明かされました。 1度は会うことを止めようとしましたが、同じ職場で顔を合わせることもあり、好きな気持ちに歯止めがかからず、結局お互い納得のうえで現在も週1~2回平日の夜に会っており、最近は体の関係も持つようになりました。

彼女は彼と同い年でバリバリ働くタイプらしく、子どもは要らない、だから結婚も必要ないという考えがあるらしく、今まで結婚せずにきたそうです。彼曰く、彼女のことは尊敬できる存在だけれどここ数年レス、かつ恋人のような関係ではなく、パートナーや家族のような関係とのこと。

ただ彼と付き合う以前の彼女は精神的に不安定で自殺未遂やリストカットみたいなこともあったそうです。彼は自分と別れることで彼女が死んでしまうのじゃないかと言うことがあり、自分から別れることには抵抗があるそうです。また長く付き合っていると2人の関係だけではなく、家族や周りの人も絡んでいるようで、かつ、今でも週1回土日のどちらかで会う関係であるそうで、私には計り知れない彼女への愛情も感じとれます。

私としては彼のことが大好きなので、きちんとお付き合いをしたいと思っています。彼とも何度か話し合いましたが、現時点で彼は彼女と付き合い続けるか、彼女と別れて私と付き合うか、自分で決断することができないようです。私はどうするべきでしょうか。待ったほうがいい? 見切りをつけて別れるほうがいい? 佑雪ママさん、困った私にいいアドバイスをください。

(秋 34歳未婚 専門職)

■ 結論はゆっくり出せば?

ほとんどフリン案件ですよね、これ。しかもフリン以上に男にとって、いいことだらけときてますから、状況を打ち破るのはよっぽどのことがない限り、難しいでしょうね。

彼にとってご相談者さまの存在ときたら

1.好きって言ってくれるだけでも嬉しいのに、尊敬してくれてる。2.彼女がいるってわかっても好きでいてくれてる。3.彼女の存在を認めてくれて、その状況を理解してくれてる(彼的には間違いなく、そうなってます)。4.そのうえでエッチさせてくれる。5.自殺未遂とか、めんどうな騒ぎを起こさない。

って、もう完璧でしょ!一方、彼にとっての彼女はどういう存在かと申しますと

1.入籍してないけど、半分妻のような存在。2.信頼しており、居心地がいい。3.体の関係を超えた愛がある。4.ボクがいないと死んでしまうかもしれないくらい、愛してくれてる。5.とか言いながら、稼いで自立してるから、楽チン。6.結婚もしなくていいから、実は楽チン。

そりゃどっちとも別れる理由なんて、ないわけですよ! ご相談者さまが自分を選んでほしいなら、彼女を超える魅力で魅了するか、彼女が今もっている魅力を失うか、彼の価値観がガラリと変わるかの、いずれかが必要でしょう。けっこう、難しいですよね。

彼女と本当にレスならば、ただいま絶賛セックス中という点を生かして、妊娠→結婚にもち込むという線もあるかもしれませんが、彼がご相談者さまに心底惚れてない場合は、妊娠をきっかけに「別れよう」となる恐れもありますからね。

今はまだ、試用期間。決着をつける時期ではないように感じます。1年付き合ってみて、それでも本当に彼と付き合いたければ、勝負に出てみたら? 彼にも考える時間を与えると同時に、ご相談者さまも考えればいいと思いますよ!

※ お悩み募集しています。お気軽ににどうぞ!

藤島佑雪(ふじしま ゆうせつ)元リアル銀座のクラブのホステスを経て、WEB上の銀座『クラブ佑雪』オーナーママ。占い師・開運アドバイザー。著書に『元銀座ホステスが教える強運!美女になる方法』(文藝春秋社刊)。WEBサイト『TABI LABO』で「「今、ツラい」が自由になる! 12星座占い」連載中。

(C)EmirMemedovski/Gettyimages

当記事はananwebの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ