「直向き」=ちょくむきって読んでない…?読めそうで意外と読めない《難読漢字》4選

lamire


あれ?この読み方で合っているのかな…?読めそうで意外と読めない《難読漢字》をご紹介します。さっそく見ていきましょう。

連む


「連む」はなんと読むでしょうか?普段の会話にも頻繁に登場している言葉なんです。仲間と連む、連んで歩く、といった使い方をしますよ。正解は(つるむ)と読みます!「連む」は、連れ立つ、行動をともにする、という意味があります。並べる、重ねる、といった意味をもつ「つるぶ」という古語に由来しているのが「連む」なんです。

穿る


「穿る」はなんと読むでしょうか?穴と牙から成り立つ漢字です。正解は(ほじる)と読みます!「穿る」は、小さな穴をあける、穴をつついて中のものをかきだす、という意味があります。ほかにも、スカートやズボンを「穿く」(はく)と使ったりしますよね。こちらは下半身に衣類を着けるという意味があります。普段話していても、読めそうで読めない漢字です。

直向き


「直向き」はなんと読むでしょうか?「ちょくむき」ではないですよ。直というまっすぐな意味をもつ漢字からなんとなく読めたという人もいるのでは?正解は(ひたむき)と読みます!意味は、ひとつのことに熱中するさま、ひとつのことに一生懸命になるさま、一途、とあります。「直向きな態度」と使ったりしますよね。こちらも意外と読めない難読漢字です。

与る


「与る」はなんと読むでしょうか?「あたえる」と読みそうになりますが、正解は(あずかる)です!「与る」は、物事に関係する、かかわる、目上の人の好感や恩恵を受ける、分け前をもらう、という意味があります。「お褒めに与る」と使ったりしますよね。読み方で意味がガラッと変わってしまう難読漢字でした。

スラッと読みたい!意外と読めない難読漢字


読めそうで意外と読めない難読漢字を4つご紹介しました♪いくつ読めたでしょうか?ぜひ覚えてみてくださいね。

当記事はlamireの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ