完全防水で滑りにくいアウトドアシューズ「DRYMILE」の使い心地とは?

373A2892-0B99-487B-80A9-DAD7ED9E7277
Photo: 島津健吾

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]より転載:

海や川、山に行くと、スリップしたり、濡れたりするため靴選びが重要です。もし最高の一足に出会えていないなら、machi-yaで注目を集めている次世代防水アウトドアシューズ「DRYMILE」をチェックしてみましょう。

靴下のような見た目でありながら、防水100%でスリップもしづらく、アウトドアユースに最適な一足です。

今回、実物をレンタルして実際に使ってみました。水をジャバジャバかけてみた結果、防水性能は如何に?

「DRYMILE」とは?

BB31C9E3-1CDE-4526-8FB1-9A81E22D4163
Photo: 島津健吾

初めて見る人も多いである「DRYMILE」。以下のような特長があります。

・100%防水

・足首まで保護(靴の中に水や砂が入らない)

・靴としても、ソックスとしても使える

まさに、アウトドアにぴったりのシューズなわけですが、使い心地はどうでしょうか?

靴下のように履く

091E1BC4-56D5-4F37-AC05-B9E7971CCC0D
Photo: 島津健吾

まずは、履き方から検証。ソックスのように足を入れて履きます。
64510CB9-87D4-4224-A49F-15CB61DA5AF1
Photo: 島津健吾

ゴムのような素材で、ビヨーンと伸びるので簡単に履けました。ポイントは、足首より上も保護してくれること。この部分が、足に密着することで土や水が入りません。

防水100%

D80B3FE1-1FD3-47D0-BC5D-DC0C3F3045F2
Photo: 島津健吾

見た目は完全に布生地なので、水を本当に弾くのか半信半疑でした。これでもかというくらい水をかけてみると、水をどんどん弾いていきます。1分ほどかけてみましたが、表面の生地が若干水を含んだくらいで、内側には浸水してきませんでした。なんとも不思議です。

ただ、濡れたあとは、冷たさが残ります。雪山を直接歩くのは、寒いかもしれません(笑)。

滑りにくい

E9CCF6B3-DDDC-4732-9512-A3F614D5BA38
Photo: 島津健吾

裏面は、ゴム素材のソールになっています。そのため、滑りにくいのが特長。アウトドアで石の上を歩くことはよくありますが、そんなシーンでも安全に歩くことができるでしょう。

コンパクトで持ち運びに最適

87F47303-7AC5-4532-B198-61885B6B71AD
Photo: 島津健吾

ゴム素材で全体的に柔らかいため、折りたたんで持ち運びも。セカンドシューズとして、アウトドや旅行に持っていくのもいいでしょう。スーツケースのスペースをとらないのは、旅行では重要ですよね。

アウトドアの強力なお供

99646744-80F8-467A-B15C-DF3D96F7856C
Photo: 島津健吾

滑りにくく、歩きやすい。それで防水って、これ1つあればアウトドアのシューズで選びで悩むことはなくなりそうです。「DRYMILE」は、⼀般販売予定価格18,900円のところ、300個限定で4600円OFFの14,300円(消費税・送料込み)で支援が可能。5色のカラーバリエーションで展開しています。すでに100万円以上の支援が集まっていますので、気になる方はお早めに。

>>海や山、雨や雪でもこれ一つ!次世代防水アウトドアシューズ『DRYMILE』登場

Source: machi-ya

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ