住宅ブランドとアパレルブランドがコラボしたカスタマイズできる「我が家」

IGNITE


多くの人にとって、家を建てるのは一生に一度の大事業。だからこそ、納得いくまでこだわってみたいもの。

「住宅ブランド×アパレルブランド」のコラボ企画が、今、熱い注目を集めている。



■つながる(=セッション)を楽しむ家

家づくりを通じて暮らしの楽しみ方を発信する規格住宅ブランド『LIFE LABEL(ライフレーベル)』と、アメリカンライフスタイルを提案する人気アパレルセレクトショップ 『FREAK’S STORE(フリークス ストア)』がコラボレーションして開発した住宅企画『FREAK’S HOUSE PROJECT』。

コンセプトは″つながる(=セッション)を楽しむ家″。



「THE FUN LIFE」をキーワードに、家族や仲間、自然とのつながりが深まるアメリカンローカルハウスを提案している。

2017年6月にリリースし、大反響のあった第一弾『FREAK’S HOUSE』の世界観をそのままに、LIFE LABELの主力商品であるZERO-CUBEの構造を採用した新商品が完成した。

■新商品「ZERO-CUBE FREAK’S」とは

近年、住宅業界でもカスタマイズ需要が大きくなる中、LIFE LABELが提案するのは‟もっと気軽に・より楽しく自分の好きなスタイルの家づくりをしてほしい“ということ。

そして今回の新商品開発では、LIFE LABELの主力商品であり、もっとも合理的な構造の「ZERO-CUBE」の躯体(スケルトン)をベースに、「FREAK’S HOUSE」のデザイン(インフィル)を採用。



住宅業界の<スケルトン×インフィル>の発想を元に、を‟箱(躯体)”として捉え、そこに‟どのようなパーツを組み合わせるかという発想で、『ZERO-CUBE FREAK’S』が誕生した。

■オプションプランもチョイス可能

「ZERO-CUBE」の特徴でもある「+FUN」のオプションプランを、この商品では住む人のライフスタイルに合わせて選べる3タイプの小屋「+CABIN」として開発し、オプションで部屋や空間を付け足すことが可能となった。

基本となる住居に、集中できるワークスペースや、趣味の部屋など、様々な用途に使える「+CABIN」を付け足すことで、暮らしの幅が大きく広がりそうだ。

「+CABIN」の仕様は、フローリング、ウッドデッキ、土間の3種類。目的に合わせてチョイスできる。

MULTI CABIN(フローリング仕様)



リビングからフローリングで続く空間は、趣味や子供部屋、ゲストルーム、開放的なビッグリビングとしても活用できる。

TERRACE CABIN(ウッドデッキ仕様)



屋内外をつなぐウッドデッキ仕様。デイベッドでゆったり、心地良いテラスのようなセカンドリビングにも。

WORK CABIN(土間仕様)



床の一部が土間仕様の空間は、自転車やサーフィン、DIYなど、趣味に没頭できるアクティビティスペースに。

決して慌てることなく慎重に検討して、心に抱くビジョンを実現できる家を形にしよう。



<ZERO-CUBE FREAK’S>
本体価格:1,380万円~(税抜)
延床面積:98.53㎡(29.80坪)
1F床面積:52.99㎡(16.03坪)
2F床面積:45.54㎡(13.77坪)

<オプション仕様>
+CABIN
本体価格200万円~(税抜)
床面積:11.59㎡(3.50坪)

LIFE LABEL: https://lifelabel.jp/
FREAK’S STORE:http://www.freaksstore.com/

(冨田格)

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ