フランス風の新年を楽しんでみる?幸運を祈る伝統菓子「ガレット・デ・ロワ」

IGNITE


日本ではおせちやお雑煮で新年を迎えるが、フランスで新年を祝う際に欠かせないのは、伝統菓子のガレット・デ・ロワ。

フランスを拠点にする、世界的に著名なショコラティエ「パスカル・ル・ガック」の海外1号店「パスカル・ル・ガック 東京」で、2021年1月4日(月)から1月18日(月)まで新作「ガレット・デ・ロワ オランジュ」が数量限定で登場する。



■日本限定の「ガレット・デ・ロワ オランジュ」が初登場

フランスではガレット・デ・ロワを家族や友人と囲みながら切り分けて、フェーヴという小さな陶器が出てきた人が王冠をかぶり、その人はみんなに祝福されるのが習わし。そして、その幸運は1年間続くと言われている。

今回日本限定で登場するのは、フランス、サン=ジェルマン=アン=レーの本店でも提供されている人気のガレット・デ・ロワの新作オランジュ(税込3,780円、サイズは約15㎝、4~6名用)。

ホール1つにつき、フェーヴと王冠(各1個)が別添えで付いてくる。フェーヴは「アルパカ」。(フェ―ブの種類は選択不可)



フランス産発酵バターが香る軽めのパイ生地でショコラティエらしくガナッシュとビスキュイショコラをはさんだパスカル・ル・ガックのガレット・デ・ロワ。

幾重にも折りたたまれたサクサクな食感の手作りのパイ生地に、ガナッシュとビスキュイショコラが合わさりショコラティエならではの味わいが楽しめる。

新作「オランジュ」はオレンジ果皮とフランスを代表するオレンジリキュール「グランマルニエ」で優しく香りづけられたガナッシュをはさんだこれまでにないガレット・デ・ロワに仕上がっている。

■温めるとさらにおいしく!

そのままでも美味しくいただけるが、170度で5分間温めるとパイ生地の食感がよりサクサクになり、バターやアーモンドの香りが際立つ。

さらに、挟んだガナッシュが絶妙にとろけだし、一般的なガレット・デ・ロワとは違う味わいを楽しむことができる。

海外に出かけるのが難しい今、自宅で異国の文化を楽しんでみてはいかがだろう。事前の予約がおすすめだ。

日本公式サイト



(Yuko Ogawa)

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ