微妙すぎるマウンティング!「それマウントになってる?」と思うこと




「自分のほうが上!」と対抗心むき出しのマウント女子。上に立とうと必死すぎて「それ自慢になる?」と、謎すぎるマウンティングを仕掛けてくることも! 思わず「だから何?」と思ってしまうマウント女子の言動とは?

微妙すぎるマウンティング

「一人○○」どこまでできる?

「同僚と『この前一人で映画観に行ってさー』って話していたら、他の同僚が『一人で映画とか普通でしょ! 私は一人で焼肉もカラオケも行けちゃう!』って言ってきた。これってマウントだよね……? 何の自慢かわかんないけど」(26歳・女性)

▽ 「一人でどこにでも行ける私すごいでしょ」というマウンティングを仕掛けてくる女子も。マウントの幅って本当に広いです……。

「私の友達に~」

「『私の友達にモデルの子が多くて~』とか『男友達が開業医なんだけど~』とか、謎の友達マウント。しかも実際は、友達っていうより顔見知り程度なんだよね」(28歳・女性)

▽ 「私の周りはみんなハイスペックなの!」と、自慢してくる女子。「どうせなら自分のことでマウントすればいいのに……」と冷めた目で見てしまうかも。

美容皮膚科

「友達に『最近、肌キレイだね』って言われたので『美容皮膚科に行ってみたんだ~』と話していたら、マウント女子が『でも、あそこって高いわりに効果微妙じゃない? 私が行ってる○○クリニックは値段のわりに効果もすごいし、モデルの○○も通ってるんだよ~』って、クリニック自慢されたとき。どうでもいいわ(笑)」(29歳・女性)

▽ 通っているクリニックまでマウントされたらどうしようもないですよね……。もはや何でもありです。

失恋自虐エピソード

「彼氏にフラれたって話をしたら『そんなの、全然マシだよ! 私なんてお金も貸したのに浮気されて~すごくない?』って、失恋マウントされた。自虐エピソードでマウントとってくるの痛々しいからやめて」(25歳・女性)

▽ 「私のほうがこんなに苦労してるんだから」という自虐マウントも反応に困るんですよね……。

実家が○○



「旦那さんが転職してばかりと愚痴っていたママ友。『大変だね~』と返したら『でもでも、旦那の実家は超金持ちだから!』ってアピールしてきて、それマウンティングになってる? ってちょっと呆れた」(33歳・女性)

▽ 転職ばかりで安定しない旦那さんだけど、実家がお金持ちならOK? ちょっと苦しいマウントです……。

マウントする相手を間違えて…

「おとなしくて女の子らしい子に『○○ちゃんってほんと女子って感じだよね! 男子も気軽に手出せなさそう! 私とかノリよすぎてよく変な男子に勘違いされちゃうんだよね(笑)。こんなにガサツなのに』って『サバサバしてモテる私アピール』してる子がいた。客観的に見ても、その子よりマウントとられてるおとなしい子のほうがモテそうだけど」(24歳・女性)

▽ 「サバサバしてガサツなのにモテる私」と、明らかにモテそうな女子にアピール! しかし、周囲の人は「マウントする相手間違えてるから……」と引き気味だったり。
「ノリがいいからモテるって遊ばれてるだけじゃない?」と、勘違い女子に認定されてしまうかも。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ