これはまじぴえん…「日常で起こるちょっとした絶望」あるある

lamire


毎日生活をしていると、必ず「やってしまった…!」ということに出くわしますよね。今回は、そんな日常の絶望したあるあるをご紹介。くすっと笑えるものからとっても共感するものまであるはずです♡

使う瞬間トイレットペーパーがないことに気づいた


トイレに入ってスッキリ…!いざトイレットペーパーを使おうとしたらなかった!なんて経験ありませんか?一見あるように見えるトイレットペーパーでも、残りわずかで出してみたらほとんどなかった、なんてことも。前の人、ちゃんと新しいものに替えていってください…!

火をつけっぱなしにしていて鍋から吹きこぼれ


ひとり暮らしをしている方はとくに経験したことがあるであろう吹きこぼれ。お鍋などに火をかけていることを忘れてほかのことに熱中してしまい、気が付いたときには吹きこぼれていた…!なんてことありませんか?これはかなり落ち込むあるあるですよね。

お湯はりをしたのに栓が閉まっていなかった


疲れて帰ってきてまずはお風呂に入りたい…!なんて方も多いですよね。お風呂にお湯を張るとき、栓を締め忘れていたことはありませんか?いくら待ってもお湯がたまらないお風呂。かなり悲しくなります。

賞味期限切れの食品が冷蔵庫の奥底から出てきた


こちらもひとり暮らしをしていると頻発する方もいるであろうあるある。賞味期限が切れたものが冷蔵庫の奥底から出てきたことはありませんか?まだ腐っていないものならいいですが、腐敗して大変なことになっているなんてことも。これもかなりメンタルがやられます…!

パッケージの「ここから開けられます」で開かない


お菓子などのパッケージを開けるとき、「ここから開けられます」と書いてあることがありますよね。ですが、きちんとそこから開けているのにまったく開かない…!なんてことありませんか?「開けられますって書いてあるのに…!」とツッコんでしまいますよね!そんなときは諦めてハサミで開けましょう…!

共感できるあるある、あった?


今回紹介した日常のあるある、共感できるものはありましたか?誰しも一度は経験がある「あるある」、周りの人ともどんながっかりエピソードがあったか話してみてくださいね…!

当記事はlamireの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ