ルイヴィトンから「2021秋冬メンズ・プレコレクション」が登場

IGNITE


エレガントでありながら、遊び心あふれるアイデアが反映されたアイテムが揃う。ルイ・ヴィトンから2021秋冬メンズ・プレコレクションが発表された。

同コレクションを通してルイ・ヴィトンは、進化を続ける既存体制のドレスコードを探究した。

■ルイ・ヴィトンの2021秋冬メンズ・プレコレクション

ニューノーマルの中でワークウェアを象徴するスーツは、ボックスシルエットで表現されている。現代における適合性の繋がりを感じさせるテーラリングだ。



タイダイ・ギャラクシーのモノグラム・モチーフを大胆かつ無造作にデザインしたスーツや、アシンメトリーな「モノグラム」のレザーを用いて再構築したコート、袖に沿ってメゾン名をハイテクなエンボス加工で施したピーコートなど、今シーズンのメンズ・ワードローブの定番アイテムを展開する。



フードやジッパー付きのジャケット、デニム素材のスーツが新たな形を提案する一方、イブニングのデコラティブなコードは、ミッドレイヤーを通してさりげない存在感を主張。

カジュアル・ウェアは、伝統的なワードローブであるブルゾンやカーディガン、シャツに、ダミエ・ソルトを施し、クラシカルなモチーフと独特な風合いを楽しめる。



Photographer – Jalan & Jibril Durimel

「ファッションとフィクションは別物」、「昼間の職業はあなたを定義するものではない」といった、ルイ・ヴィトンにおける創作活動の一環として公開している「ヴァージル・アブローの辞典」からの引用を、コレクションの随所に散りばめている。

■こだわり抜いたアイテムの数々

セーターにはインターシャのモチーフとして、アウターには、雨に濡れると言葉が浮かび上がるユニークなファブリックでこれらの言葉を表現。レザー、デニムをスケーターハットやキャップに使用し、ダミエ・ソルトのデザインでアップデート。アクセサリーは、LV イニシャルを刻印したチェーンがオーバーサイズで再解釈され、アイコニックなキューバンチェーンも展開する。

シューズは、ブラックレザーのクロッグ・ダービーやブラックレザーまたモノグラム・キャンバスのバックル付きミュールなど、ベーシックなアイテムにひねり加えたデザインが登場。

ルイ・ヴィトンを代表するスニーカーは、イエローとグリーンの鮮やかなコントラストのスタイルにアップデートされている。バッグは、クラシカルなインディゴカラーを採用し、ダミエ・ソルトのデザインやブラックのレザートリミングがアクセントに。ストーンカラーのバージョンは、同系色のトリミングで落ち着いた雰囲気にデザインされている。

■ルイ・ヴィトンを代表するクラシカルなシェイプで登場

また新作のメッセンジャー・バッグは、モノグラム・マカサー キャンバスに、ポップなカラーリングのLV イニシャルをデザインしたラバーがベースとなり、実用性を提案。さまざまな色合いのブラックやダークトーンのグリーンで統一されたレザーのバッグは、グラフィカルな3Dの「モノグラム」をデボス加工で施し、ルイ・ヴィトンを代表するクラシカルなシェイプで登場した。

新モデルのスリング・バッグは、メタルのリベットとコーナーに配したレザーのデザインが親しみを感じさせる。

丁寧に製作された製品は、ルイ・ヴィトンがクラフツマンシップにいかにこだわりを持ってきたかという証だ。ぜひ一度手にとってみては。

(IKKI)

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ