【2021福袋】アジアン雑貨「元祖仲屋むげん堂」の2000円福袋を買うと、申し訳ない気持ちになってしまう理由……



この世でもっとも良心が詰まった福袋は何かと聞かれたら、私(佐藤)はアジアン雑貨店「元祖仲屋むげん堂」の福袋を挙げたい。なぜなら、内容が充実しているだけでなく、とても安いからだ。今年も買ってみたところ、やっぱり良心的! あまりにもお客様本位であるために、買うのが申し訳なくなるほどだ。

・価格は据え置き2000円
むげん堂の初売りは1月2・3日の2日間。吉祥寺弐番組・渋谷参番組・高円寺純情商店街八番組の3店舗でそれぞれ2000円の福袋を販売している。なお福袋は毎年大変な人気なので、店舗によっては早々と売り切れになってしまうようだ。

2019年10月に消費増税が行われたにもかかわらず、価格は増税前のまま据え置きで2000円。それだけでも買う側からしたら十分有難いのだが、感謝するのはまだ早い。ここの “お得” は消費税ごときには留まらないのだ。

・充実の中身
今年の福袋はタイダイ柄のショルダーバッグに入っている。この袋だけでも1000円くらいの価値がありそうだが、これはただの外側に過ぎない。大事なのは中身! さっそく見ていこう。

まずはシングルのベッドカバー。

それにスカーフにクッションカバー。

さらにステンレス製の調味料入れ(塩・コショウ)、ヘアバンド、陶器の置物、木の置物、鈴付きのキーホルダー、ライオンのアップリケの小物入れ、麻の小銭入れ。ショルダーバッグ込みで全11点である。

さらにさらに毎年初売り時には、オリジナルカレンダーも付いてくる。

まだ終わりじゃない! 会計時に仲屋むげん堂の公式Twitterに投稿されている「2021初売り50%金券バック」の画面を見せると、半額分の金券が返ってくる!

2000円払ったら1000円分の金券が返ってきた! 実質半額じゃないか!!

本当に毎年恐れ入ってしまう。ただでさえ単価の安いお店なのに、ここまでやられてしまうと「今年も使わせてもらおう」と心から思えてくる。できるだけ長くお店が続いて欲しいので、個人的には来年から福袋を3000円に値上げしても良いと思うのだけど……。とにかく2021年もむげん堂にお世話になります!

参照元:Twitter @MUGENDO1978
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24
こちらもどうぞ! → 「2021年福袋特集」

画像をもっと見る
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ