【九星気学】六白金星の1月は「甘えられる強さを」九星フラワー占い

OTONA SALONE



今月は2020年の1年間がどのような雰囲気であり、あなたにどのようなことが起きるのかがわかる濃密な1カ月です。

1年を有意義に過ごすために、起こりうることを占いますので、それを手がかりによくよく観察しながら過ごしてほしいと思います。

※六白金星の生まれ年は1958年、1967年、1976年、1985年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

【2021年1月5日~2月3日運勢】

いったん立ち止まって


2021年が本格的に始まろうとしているこのタイミングで、「はりきって行こう!」と思われている六白金星さん。ちょっと待ってくださいね。

今月は、スタートダッシュではなく、ペースダウンをしてください。

2020年は運気に勢いがあっても物事が思い通りに進み成果を上げた六白金星さんは多かったと思います。

その流れにこのまま乗って行きたくなるのもよくわかるのですが、ここは一旦立ち止まり、これまでやってきたことを見直したり、自分が選んできた方法がはたして最善だったのか、ということを確認してみてほしいのです。

振り返り自分流の方法論を生み出す


これをすることによって、今後忙しくなった時も、あなた自身が動くのではなく、ここまで培った方法論を使い人にやってもらうことで、成果はさらに大きなものになって行きます。

また、これまでの歩みを見直すなかで、きっと助けてくれた人や応援してくれた人の存在に気がつくことでしょう。

そういった人たちに改めてお礼を言い、このご時世だとちょっと難しいかもしれませんが、例えばお礼にカフェに誘ってお茶をご馳走したり、ちょっとしたお菓子の差し入れをするといったことをして欲しいなと思います。

というのも、この1年は身動きがとりにくいという状況に陥りがちで、周囲の人に動いてもらう必要があり、そういう人たちに気持ちよくお願いできる自分でいるためです。

人に頼める強さを身につけて


ちなみに今月の六白金星は、とても物事の流れや人の気持ちが見えていて、この人にこれをお願いすればぴったりということが的確に判断できます。

このコロナ禍で、人とのつながりの大切さを感じている人は多いと思いますが、人は一人で生きてるのではありません。

助け合える力があるということは、じつは大きな強みなのです。

今月の恋愛運と金運は?


恋愛運ですが、不思議な求心力があって、ちょっとしたモテ期がやってきそうです。

自分から積極的に探すというよりは、アプローチしてきてくれた人のなかから、良さそうだなと思った人から選ぶと良いでしょう。

金運は、必要なお金がたまたま巡ってくるというような運気です。

あるいはプレゼントもらったり、食事を奢ってもらったりといった、おごられ運が今月はツイています。

今月のラッキーアイテムはこれ!


ラッキーカラーはイエローカラーとオレンジです。

今月は人間関係が重要ですので、明るいこれらのカラーで、周囲に親しみやすい印象を持ってもらいましょう。

ラッキーパーソンは美味しい食材を作っている農家の男性です。

ネットなどで直販しているような人から、食材を取り寄せてみると運気がアップするでしょう。

ラッキーフードはタンドリーチキンです。

とくにアイデアに詰まった時におすすめ。

ガーベラの花が象徴する六白金星の魅力とは


完璧さを目指す誇り高さがあり、気力・体力にあふれ、リーダーの資質を備えた六白金星。そんな六白の女性にピッタリな花と言えばガーベラではないでしょうか。花のなかでもとくに花らしい形をしていて、太陽のようにくっきりと明るい色あいと華やかで、プレゼント・ブーケとして高い人気を誇っています。完璧さやゴージャスな雰囲気は可愛げがないと思われることもありますが、六白に関してはそれが魅力に。とくに太陽に似たオレンジのガーベラの花言葉は「冒険心」です。戦うことを恐れない六白に捧げます。

(イラスト オオスキトモコ)

当記事はOTONA SALONEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ