紅白で『嵐』の歌唱後に、内村光良がかけた『ひと言』が胸に刺さる

grape

2020年12月31日に放送された音楽番組『第71回NHK紅白歌合戦(以下、紅白)』(NHK)に出演した、アイドルグループ『嵐』。

2021年からはグループでの活動を休止するため、5人そろった紅白でのパフォーマンスは、放送前から大きな注目を集めていました。

『嵐』のパフォーマンスに内村光良がコメント

4年連続で、紅白の総合司会を務めた、内村光良(うちむら・てるよし)さん。『嵐』のメンバーとは、何度か紅白の司会を始め、さまざまな番組で共演しています。

『嵐』の歌唱前に、内村さんは自身の想いを噛みしめるようにゆっくりと言葉にしました。

今年は本当にいろんなことがありました。悲しいこと、つらいこといっぱいありましたよね。

続いては、『嵐』のみなさんです。本当に、『嵐』の5人がこの1年、起こったこと・感じたこと、それをすべて受け止めて歌ってくれます。

2009年からね、この紅白を引っ張ってくれてきた『嵐』にね、司会で私も本当に助けられました。本当にね、ありがとう!

でもすごく楽しかったです。毎年。

そんな『嵐』のみんなが、明るい未来に希望をこめて歌います。
第71回NHK紅白歌合戦 ーより引用内村さんの曲振り後、『嵐』は、紅白のために用意したメドレーを披露し、最後まで渾身のパフォーマンスを見せました。

『嵐』が歌い終えると、内村さんは「嵐のみんな、ありがとうございました!」と声をかけ、次のようなメッセージを送ります。

ひとまず、お疲れ様です。また5人でそろった姿、本当にみんな待ってるからね!

本当に会いたかったよ。直接会いたかった!
第71回NHK紅白歌合戦 ーより引用今回の紅白では、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、『嵐』を始め複数の歌手が、別々の会場から中継によるパフォーマンスを披露しています。

内村さんの「直接会いたかった」という言葉に、強く共感したファンは多かったかもしれませんね。

番組の視聴者からは、さまざまな反応が寄せられています。

・内村さんの人柄が伝わってくる素敵なコメントだった。

・寄り添うような内村さんの言葉に涙があふれた。こんなに感動した紅白は初めてかも。

・「ひとまず」という言葉を使ってくれた内村さんの優しさにグッときた。またいつか5人に会える日が楽しみ。

内村さんといえば、紅白で見せる周囲への気遣いや、的確なコメントがたびたび話題になっています。

紅白で総合司会をこなした内村光良 安室奈美恵の出演後に見せた『ある気遣い』に、ほろり

さりげない配慮ができるのは、普段から周囲に目を配り、肩書に関係なく他者を受け止めて、思いやる姿勢を持っているからでしょう。

こんな風に振る舞えたら…と思わされますね。


[文・構成/grape編集部]

出典 第71回NHK紅白歌合戦

当記事はgrapeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ