エアコンの調子が悪いときに使える隠しコマンド


家庭用エアコンには、さまざまな隠しコマンドが用意されています。中でも便利なのは、ダイキンのエアコンに搭載されているテストモード。10項目以上のテストができるので「調子が悪いかな?」と感じたら、すぐに故障の原因を調べられるのです。各メーカーのエアコンに搭載されている隠しコマンドを見ていきましょう。

エアコンの調子が悪いときに使える隠しコマンド

エアコンのテストモード隠しコマンド


ダイキンのエアコンには、テストモードに入るための隠しコマンドが用意されています。その方法は、まず運転中にリモコン右下の「取消」を5秒間長押し。ディスプレイに「00」が表示されたら、「取消」ボタンを「ピーッ」と音がするまで何回か押し続けるのです。

取消ボタンを押した時に「ピッ」ではなく「ピー」と鳴ったら故障があるということ。その際にディスプレイに表示されているコードでエラー内容が分かる仕組みです。「U0」は冷却ガスの不足、「U4」は室内機と室外機の通信不良、「C7」はパネル開閉の不具合となります。

パナソニックのエアコンは隠しコマンドで、室外機の音量を下げるモードと、電力を抑えるモードを発動可能。例えば「CS-22RKH」などの機種で使えます。急速冷房で温度調整する際にやや時間がかかりますが、ペットのために1日中エアコンを入れっぱなしの時に大助かりします。

隠しコマンドは、エアコン運転中にリモコンのメニューボタンを1回押したら、△ボタンを押して「室外音 Lo」または「省電力 Lo」を選択。ここで予約ボタンを押すことでモードが発動します。

エアコンを強制冷却する隠しコマンド


エアコンは室外機を取り外す時に、エアコン室内機のフロンガスを室外機に回収する必要があります。夏は冷房を18度に設定すればよいのですが、冬は冷房モードでは回収しきれません。そのため、多くのエアコンには強制冷却モードの隠しコマンドが用意されています。

東芝のエアコンなら、室内機本体の自動運転ボタンを10秒以上長押し。5秒目に1回、10秒目に1回、計2回電子音が鳴ればモード突入です。シャープの場合、リモコンで冷房運転を開始したら室内機の試運転スイッチを5秒以上長押しします。

ダイキンのエアコンは、室内機側の「運転/停止」ボタンを長押し。電子音が鳴ればモード突入です。東芝とダイキンの隠しコマンドは本体の操作だけで冷房が働くので、リモコンが故障したり見当たらない時にも活用できる隠しコマンドです。

当記事はラジオライフ.comの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ