【2021年福袋特集】今年もヴィレヴァンは安定のゴミ!「今年一発目の運試し福袋(3600円)」の中身が流石すぎる!! 



安定のゴミで知られる “ヴィレヴァン” ことヴィレッジヴァンガードの福袋。寂しいことに今年はややスケールダウンして、7種類の福袋(各3600円)を販売中。もちろん当サイトでは7種類すべてを購入し、そのゴミっぷりを余すことなく披露する所存だ。

さて、記念すべき1発目の福袋は「今年一発目の運試し福袋(通称・赤福袋)」である。結論から申し上げると赤福袋はかなりイイ! ヴィレヴァンらしさが炸裂したゴミがたっぷり入ってたゾォォォオオオ!!

・唯一無二の存在
どんなゴミが入っているのか、開封時のワクワクが止まらないヴィレヴァンの福袋。このご時世、ここまでゴミを詰め込んで許されるのはヴィレヴァンだけであろう。この “許される” というところが非常に大きなポイントだ。

で、「今年一発目の運試し福袋」はやはり安定のゴミであった。気になる中身は以下でどうぞ!

・ヴィレッジヴァンガード「今年一発目の運試し福袋」の中身
・赤べこライト
・マルチカバー
・錦鯉スリッパ
・ユニカウティッシュカバー
・ハンドタオル
・ねむねむティッシュポーチ
・ヴィレヴァンエコバッグ

(福袋なので中身が違う場合があります)

・これぞヴィレヴァン
「赤べこライト」も「マルチカバー」も安定のゴミである……が、中身を確認したときのインパクトは軽く3600円分の価値を超えていた。そう、我々の想像を超えてくるゴミが入っていてこそのヴィレヴァン福袋なのだ。

中でも「錦鯉スリッパ」はゴミの中のゴミと呼んで差し支えない。ただの錦鯉っぽいデザインのスリッパにとどまらず、目と口まで再現する細かい仕事には頭が下がるばかりである。……まあ、ゴミなんだが。

そういう意味では「ユニカウティッシュカバー」もなかなかのもの。なぜ丑年の今年、わざわざユニコーンとカウ(牛)を合体させる必要があったのだろうか? 思わず「ユニカウじゃねーわ!」とツッコんでしまった人はヴィレヴァンの術中にまんまとハマっているのだろう。

中身のほとんどが自分では絶対に買わないもの──。これぞヴィレヴァンの真骨頂である。ありがとう、ヴィレヴァン。「今年一発目の運試し福袋」は想像を上回るゴミでした──

というわけで、『今年一発目の運試し福袋』はヴィレヴァンらしさが十分に楽しめる内容だったので、どれにするか迷ったらとりあえず赤でイイのではないだろうか? なお、今年一発目の運試しに勝ったか負けたかはノーコメントとさせていただきたい。

参考リンク:ヴィレッジヴァンガード「2021年福袋」
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.
こちらもどうぞ! → 「2021年福袋特集」

画像をもっと見る
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ