ヨコハマ・ディビジョンのリーダー『碧棺左馬刻』が立体化!

アニメ『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rhyme Animaから、ヨコハマ・ディビジョン「MAD TRIGGER CREW」リーダー・碧棺左馬刻が1/8スケールフィギュアとなって登場する。

2017年9月より始動した、音楽原作キャラクターラッププロジェクト ”ヒプノシスマイク”。日本のヒップホップシーンを牽引するラッパー・トラックメーカーがクリエイターとして参加した本格的な楽曲、その楽曲を歌い上げる個性的なキャラクター達は、いま若者を中心に爆発的な支持を得ており、原作CDの他にコミカライズ、アプリゲーム化、舞台化など、様々なメディアミックス展開を広げている。10月からはTVアニメが放送され、大好評のうちに最終回を迎えた。

そしてこの度、眼光鋭くパフォーマンスを行う碧棺左馬刻が堂々のフィギュア化。
立ち姿ながら、服の裾や装飾品の躍動感と、服の上からでも分かる身体のラインの繊細さが合わさった圧倒的造形美にため息がこぼれそう。
また、マイクなど小物の造形も必見――! ヨコハマの街を背負って立つ碧棺左馬刻の存在感を、どの角度からでも楽しめる。

ラップバトルが目の前で繰り広げられているような迫力を、是非手元で堪能してほしい。

碧棺左馬刻 1/8スケールフィギュア

>>>碧棺左馬刻の3面画像を見る

(C)『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rhyme Anima製作委員会

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ