コンビニみそ汁の最高峰はどれ!? 3社を徹底比較して決める「最強みそ汁」決定戦

まいじつ



「カップみそ汁 海苔」(セブン-イレブン)、「有明の海苔 たっぷり海苔と板切り麩入り」(ファミリーマート)、「有明海産海苔のおみそ汁」(ローソン)

寒い時期になると、無性に飲みたくなるのがみそ汁。おにぎりや弁当にみそ汁をプラスするだけで、心も体もほっこりと温まれる。明太子や漬け物、ふりかけなどがご飯の“お供”ならば、“相棒”と呼べるのがみそ汁ではないだろうか。

本稿ではそんなみそ汁の中から最強の一品を探し出すべく、大手コンビニ3社が販売している商品を徹底的に飲み比べていきたい。公平を期すために、いずれもカップみそ汁で、味は最もポピュラーと言える「海苔」をチョイス。取り上げるのは、セブン-イレブンの『カップみそ汁 海苔』、ファミリーマートの『有明の海苔 たっぷり海苔と板切り麩入り』、ローソンの『有明海産海苔のおみそ汁』の3点だ。

エントリーナンバー1:セブンの「カップみそ汁 海苔」



「カップみそ汁 海苔」(セブン-イレブン)

みそ汁を飲みたいと思う時、いつもなら“しっかり出汁をとって自分で作る派”の筆者。どうしても、「コンビニみそ汁がどれほどのものか、お手並み拝見」と若干上から目線になってしまう。まずは、シンプルなネーミングが潔いセブン-イレブンの「カップみそ汁 海苔」にチャレンジ。パッケージも飾り気がなく、味で勝負するつもりか!?と期待が高まる。

内容物は、「うき具」と「調味みそ」の2種類。使われているみそは「米みそ」をベースに「豆みそ」をブレンドしたものらしい。家庭では面倒でいちいちブレンドなどしないため、ちょっぴり敗北感を覚える。



カップに「うき具」と「調味みそ」を入れ、熱湯を注いで素早くかき混ぜる。この時点では何の香りもしなかったが、いざ飲もうと思ってカップに口を近づけると、一気に海苔の香りが鼻に届く。口に入れる前から海苔による波状攻撃を受けているようだ。

実際に飲んでみると、成分表にある「ぶどう糖」の作用なのか、甘めの味わいが口内に広がる。あらかじめ用意しておいた塩むすびと一緒に口へ運ぶと、かつおぶしの風味があっさりしている上、塩気が薄めなので少々物足りなさを感じた。



海苔はかなり細かく裁断されており、噛まずともさらりと飲める。主張が激しくないみそ汁なので、メインディッシュの邪魔をすることはないだろう。一言で言うと“平均的なみそ汁”なので、万人受けしそうである。

■「カップみそ汁 海苔」総評


味:★★★☆☆
香り:★★★★☆
具材:★★★☆☆

エントリーナンバー2:ファミマの「有明の海苔」



「有明の海苔 たっぷり海苔と板きり麩入り」(ファミリーマート)

2品目はファミリーマートの「有明の海苔 たっぷり海苔と板きり麩入り」。海苔好きとしては、“たっぷり”の語感に心が躍る。正直言って麩はどうでもいいのだが、わざわざ商品名に記載してあるぐらいなので、少々気になってしまう。



内容物はセブン-イレブンのものと同様、「具」と「調味みそ」に分かれている。先に具をカップにあけてみると、その瞬間に周囲に海苔の香りが充満した。写真を撮るためにカップを持ってテーブルへ移動する間も、ずっと海苔は芳香を放ちっぱなし。しかも、“たっぷり”と銘打っているだけあって、カップ内にはこんもりとした海苔の山が。



「調味みそ」とお湯を入れて飲んでみると、みその味よりもとにかく海苔の味が味覚を刺激してくる。さすが有明海苔…と海苔の産地を称えずにはいられない。さほど気にかけていなかった麩もバッチリ存在感があり、中々に高評価だ。

海苔の後から追いついてくるのは、塩気のあるみそ。あと一歩進めばしょっぱくなってしまう、でも今の味ならギリギリしょっぱくない…という絶妙なラインを突いてくる。甘みは控えめで、塩むすびとの相性も抜群だ。出汁は昆布の上品さが際立っており、最後まで風味を楽しめた。

■「有明の海苔 たっぷり海苔と板きり麩入り」総評


味 ★★★★☆
香り ★★★★★
具材 ★★★★☆

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ