木村拓哉『教場II』に黄色信号!? 前作ほどの高視聴率が期待できないワケ

まいじつ

木村拓哉 
画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

2021年1月3・4日にスペシャルドラマ『教場II』(フジテレビ系)が放送される。昨年12月23日には、主演の木村拓哉をはじめ、上白石萌歌や福原遥、濱田岳ら出演者10人による豪華ショットが公開された。

同作は2019年1月4、5日に放送されたドラマ『教場』の続編で、撮影は昨年11月にクランクアップ。コロナ禍で撮影は難航したというが、1シーンに140カットを費やすなど、かなり力の入った作品になっている。木村は「どのカットも妥協のないライブを収録している感じ。一緒に乗り越えたみんなをちょっとひいきめに見てしまう」との感想を寄せている。

「前作は、第1話が世帯視聴率15.3%、第2話は15.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、いずれも高視聴率をマークしました。2日続けて15%以上を記録したのですから、大成功といえるでしょう。高視聴率の理由は、木村がいつもの役どころとは違い、冷酷無比なキャラクターを演じていることが大きいでしょうね。前作の時に木村は『(お正月の)ほのぼのとした時間を楽しんでいるお茶の間に、こんな緊迫感溢れるものを届けて大丈夫かな』と心配していたようですが、結果的に杞憂に終わり、安堵したといいます。ぶっきらぼうで、ぶすっとしたキャラが、木村のベタな演技にマッチしているのも功を奏しましたね」(エンタメ誌記者)


『教場II』の裏番組が強い!?


ネット上では、

《キムタクのドラマの中では一番面白い。変に格好つけるより、素で演じているように思う》
《生徒に陰湿に文句つけるだけだから、演技力も必要ないよね。棒演技のキムタクにピッタリの役だと思う》
《キムタクにしては、いい感じのドラマだよね。正月はお笑い番組ばかりだから、箸休めに丁度いいかな》

などといった声が寄せられている。

そんな『教場』だが、今年は他局の裏番組がかなり強力で、苦戦を強いられる可能性もある。

「新垣結衣のドラマ『逃げ恥』新春SP(TBS系)が2日放送のため、勝負を避けたとウワサされていました。しかし、3日の21時からはテレビ朝日系で、興収136億円の大ヒットアニメ映画『天気の子』が地上波初放送。TBS系では『マツコの知らない世界』が放送されます。また日本テレビ系は20時50分まで、『世界の果てまでイッテQ!新春スペシャル!』が放送されるので、チャンネルを合わせたままの世帯も多いかもしれません。特に『天気の子』は、正月休みの子どもたちも放送を楽しみにしているといいますから、視聴率にも大きく影響すると思いますよ」(同・記者)

『教場II』は人気番組を蹴散らし、高視聴率をマークすることができるのか。木村の存在感が試されるだろう。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ