インフルエンサーと絡みたい! 上手に距離を縮める3つの方法

fumumu

スマホチェック(dikushin/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
憧れのインフルエンサーと仲良くなれたら、SNSがもっと楽しくなりますよね。インフルエンサーと絡むためは、どうしたらいいのでしょうか?

fumumu取材班が、上手に距離を縮める方法について、経験者たちに詳しい話を聞きました。

(1)ツイートに秒でリプライする


「インフルエンサーのツイートに秒でリプライすることで、自分の存在をアピールしています。ツイート直後は、インフルエンサーがスマホ画面を見ている可能性が高いはず。いち早くリプライすることで、自分を覚えてもらうのが狙いです。

秒でリプライする方法は、インフルエンサーの投稿通知をONにしておくだけ。通知が届いた直後に、できるだけ早くリプライを送りましょう。

時間が経てば経つほど、その他大勢に埋もれてしまうので時間との勝負です!」(20代・女性)

関連記事:人気YouTuber、容姿への中傷コメントに言及 副作用でムーンフェイスなのに…

(2)スキルがないなら無料で支援


「インフルエンサーが喜ぶことを無料で支援すると、リプライをもらえる可能性がアップします。

スキルがない人は、引用リツイートがお勧め。私は、ビジネス系インフルエンサーの『メルマガ登録案内ツイート』に対して、『メルマガに登録するメリット』を書いて引用リツイートしたところ、リプライをいただくことができました!

1回やっただけでリプライをもらうのは難しいかもしれませんが、何回も繰り返しているとインフルエンサーに覚えてもらえます。そこで、信用を積むことができれば、次第に距離も縮まっていくと思います」(20代・女性)

(3)対等に話せるまで実力を高める


「インフルエンサーと絡みたいのであれば、対等に話せるまで実力を高めましょう。自分が逆の立場だったとしたら、どんな人と仲良くしたいですか? ファンの1人と密にコミュニケーションを取りますか?

私の場合、フォロワー数が1000人を超えた辺りから、インフルエンサーの反応が良くなった気がします」(20代・女性)

インフルエンサーとは言え、中の人は”1人の人間”です。

「自分が逆の立場だったらどうされたら嬉しいか?」を考えながら、上手に距離を縮めていけたらいいですね。

・合わせて読みたい→SNSで人をイラッとさせてしまうリプライ4つ

(文/fumumu編集部・志都)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ