【2021年福袋特集】元旦休業の幸楽苑の福袋は1月2日から販売開始! ついでに新年初ラーメンはいかが?



働き方改革の一環として、幸楽苑は元旦に一斉休業(フードコート店を除く)する勇気ある飲食店。新型コロナウィルス対策……ではなく今年で3年連続なのだ。大晦日も早めに閉店したから、家族のいる従業員にとっては嬉しいんじゃないかと思う。

営業再開もゆっくりで、多くの店舗が1月2日昼11時から。各店舗で食事券つきのお得な福袋を販売(予約で完売した場合を除く)するぞ。1月11日までの予定だが、無くなり次第終了なのでお早めに。

・幸楽苑の「選べる福袋」

福袋は2種類。5000円相当の品が入った「金袋」(税込3000円)と、3000円相当の品が入った「銀袋」(税込2000円)だ。今回は後者をご紹介。

というのも、事前に店舗とコールセンターで予約ができたのだが、「金袋」は早々に完売してしまったのだ。

筆者の訪れた店舗(元旦営業店)では、予約で完売した「金袋」は追加販売なし。「銀袋」に関しては予約なしでも買える状態だった。「銀袋」(税込2000円)のセット内容は以下のとおり。

・幸楽苑のお食事券
・オリジナル本醸造醤油
・オリジナルこしょう
・幸楽苑の素
・醤油皿
・クリアファイル

・幸楽苑のお食事券

「銀袋」では2000円のお食事券が入っている。つまり福袋の購入価格分はすでに元を取れている、ということ! ただし有効期限が2021年3月31日までと短めなので注意。

ではここから「おまけ」ならぬ、付加価値の部分を紹介するぞ。

・オリジナル本醸造醤油(500ml)

オリジナル調味料として、まずは醤油1本。たっぷり使える500mlの中サイズボトルだ。

・オリジナルこしょう

店頭でもおなじみ、白こしょう1本。

・幸楽苑の素

「幸楽苑の素」というのは、辛みのある万能調味料。ラーメン、餃子、肉料理、なんにでも「ちょい足し」できる。ハイボールに数滴入れても相性抜群だという。通常は税込300円相当の品。

・醤油皿

ハローキティの醤油皿1枚。昨年秋に初コラボし、ハローキティ仕様の幸楽苑店舗が登場したことは記憶に新しい。条件を満たすとグッズがプレゼントされたり、店頭で販売(醤油皿 税込200円 / クリアファイル 税込100円)もされていた。

・クリアファイル

醤油皿と同じ柄のA4クリアファイル。福袋が小さいので、ちょっとがんばって入っていた。ものすごく細かいネタなのだが、キティちゃんのリボンの中に「幸」の字があるよ。

なお、「金袋」になるとお食事券が3000円にアップするほか、冷凍生餃子引換券1枚がついてくる。お食事券を除いた分はすべて「サービス品」なわけだが、どれも満足できる充実ぶりだ。

・これからも元旦休業を応援したい!
個人的にはコンビニもファストフードも「年中無休」から脱却していいと思っているし、元旦の福袋争奪戦に「しまった、出遅れた!」という場合でも買えるのが好印象。

購入金額と同じ額の食事券がついてくる、という時点でもれなく得をするので、普段から利用している人には間違いなくオススメ。オリジナル調味料で幸楽苑の卓上を再現できるぞ。

参考リンク:幸楽苑
Report:冨樫さや
Photo:RocketNews24.
こちらもどうぞ! → 「2021年福袋特集」

画像をもっと見る
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ