「彼女の束縛の内容、聞いてください!」束縛を極めている彼女の実態




「彼女の束縛の内容、聞いてください!」こう訴えるのはバキバキな束縛を受けている男性たち。いったいどんな束縛をされているのか取材に応じてもらいました。まさに、束縛を極めている彼女の実態がこちら。

スマホのロックは2人の記念日

「スマホのロックは『2人の付き合った記念日に設定をして』と言われました。イコール、いつでも彼女はロックを解除して見放題……」(24歳/教育関係)

▽ プライバシーゼロ……。これではロックの意味がありません。ただし、その分スマホを見て浮気が発覚! なんて修羅場はなさそう?

なんでもかんでも写真を送らせる

「誰とどこにいるかの報告だけではなく、『その場の写真も送って』と証拠まで要求されます。普段も、帰宅したら部屋の時計の写真を送るよう要求されます。時計の写真とLINEを送った時間に差があればバレるし、浮気のウの字もできません」(25歳/不動産)

▽ 帰宅した時間に部屋の時計の写真を送らなくてはいけないとなると、撮り溜めもできなそう。2人の間にそこまで信用できない何かがあったのでしょうか。

出かけ先のお店の名前まで申告

「同僚と飲みに行くと彼女に伝えたら、『お店の名前を教えて』と言われたので教えました。しかし、結局満席で入れず違う居酒屋に。すると彼女から電話がかかってきて、『そのお店に電話したけどいないってよ』と。お店にわざわざ電話して確認するって怖すぎる!」(26歳/金融)

▽ お店の名前を教えるまではいいとして、お店に確認の電話まで。これは嘘もつけませんし、忙しいお店に迷惑もかかるのでやめてほしいですね。

電話ではなくビデオ通話

「普通の電話はしません。必ずビデオ通話がかかってくるので、どこにいるか、何をしているかが誤魔化せない状態。出ないと『出れないところにいるんでしょ?』と疑われます」(28歳/美容関連)

▽ 今は海外でもどこにいてもビデオ通話(テレビ電話)ができる時代。遠距離恋愛カップルはなかなか会えない距離感を埋めることができますが、頻繁に会えるカップルが監視目的に使っては、彼も疲れてしまいそう。

SNSを毎日のようにチェック



「僕のインスタを常に見ている彼女。先日『インスタはオンラインになっているのにLINEの返信はしてくれないの?』とLINEが送られてきて、そこまで見ているの? と驚きました」(23歳/メーカー勤務)

▽ ログイン中は「オンライン」表示、オフラインのときは「○時間前にログイン」表示が出てしまうため、スマホをいつ触ったのか一目瞭然。SNSでさえ気軽にログインできないとなると息が詰まりそう。

いかがでしたか? もし普段束縛をしている女性がいたら、こうした実態を客観視することで気付くこともあるのではないでしょうか? そうです、カップルに必要なものは束縛ではなく信頼関係ですよ。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ