脈ナシ→脈アリへ!そのとき彼女が取った行動とは?

愛カツ


好きな人がいるけど残念ながら脈ナシ。でも諦められない!そんな状況の人もいるのではないでしょうか。

脈ナシでもなんとか挽回して、恋愛成就を叶えたいですよね。

そこで今回は、脈ナシから脈アリへと心変わりした男性の体験談を紹介します。

片思いから両想いへと進展させるヒントをお伝えしていきます。

脈ナシ→脈アリへ!そのとき彼女が取った行動とは?

■ 嫌がることを率先して行動

「彼女は最初、職場のなんとも思っていない子でした。あるとき、みんなが嫌がることを率先してこなしていた姿を見て気になるように。性格の良さにぐっと惹かれました」(29歳・IT関連)

嫌がることを率先して行動する姿は、性格の良さだけではなく健気さや謙虚さ、誠実さも感じさせるもの。

内面の魅力があってこその行動だからこそ、恋愛対象外だったとしても一気に好感につながるのかもしれません。

女性らしさや外見の魅力をアピールすることも大切ですが、内面の魅力、性格の良さをアピールすることが、脈アリに変える突破口のひとつと言えそうです。

■ 積極的なアピールからの音沙汰なし

「恋愛対象としてみてない女子から積極的なアプローチを受けていました。でも、ある日を境にぴたっと連絡がなくなって。なんとも思っていなかったのに気になって、気付けば自分から連絡していました」(25歳・美容師)

押してダメなら引いてみる!このメリハリは、脈ナシから脈アリへと進展するうえで重要と言えるでしょう。

男性は、好きと言ってくれる女性を簡単には嫌いになれないものですし、いわゆる「自分のファン」が離れていくとなると、恋愛感情がなかったとしても寂しくなるものです。

その寂しさが、恋愛対象として意識させるきっかけになることもあります。

最初から脈ナシとわかっているのなら、あえてストレートに好意を示して「押して押して引く」くらいのアプローチがいいかもしれませんね。

■ 女性らしさのギャップにやられた

「全く意識していなかった女性が、共通の知人の結婚パーティーでドレスアップした姿を見たときに、そのギャップに驚き!実はすごく色っぽくて美人なことに気付いて好きになりました」(30歳・金融)

ギャップは、驚きや新しい発見を与えるので、印象を大きく変える効果もあります。

女性として見てもらえない……と感じるのであれば、大きくイメチェンを図ってみるのもひとつ。

印象を変えてみたり、彼が気付いていないあなたの魅力を見せたりすることで、恋愛対象として意識するきっかけになるはずですよ。

■ 脈ナシでも恋は叶う!

脈ナシだから恋は叶わないと決めつける必要ありません。

ちょっとしたきっかけで大きく印象が変わることもありますし、恋愛成就のためにできることはたくさんあるはずです!

今回ご紹介した男性の実体験を参考にして、両思いを叶えていってくださいね。

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)

当記事は愛カツの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ