舞台『青空ハイライト』残り1枠の出演権を掴んだのは!?

Entame Plex



テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」は、ABEMA SPECIALチャンネルにて12月23日に最終回を迎えた、俳優育成オーディションバトル『主役の椅子はオレの椅子~主役決定戦~(以下、オレイス)』の本編に入りきらなかった特別映像として、サポートメンバーたちによる敗者復活戦の模様を配信することが決定した。

『オレイス』は、数々の人気オリジナルドラマ作品などを手掛ける「ABEMA」と、ミュージカル『テニスの王子様』をはじめとした2.5次元ミュージカルを数多く手掛ける「ネルケプランニング」が初めてタッグを組み、若手俳優にチャンスを与え、【夢を持って未来を掴んでほしい】という想いのもと制作が決定した俳優育成オーディションバトル番組。

19人の若手俳優たちがサバイバル共同生活をしながら、舞台の主役の座を勝ち取るため人生をかけてオーディションに挑んだ姿は、視聴者から多くの話題を集めました。なお、生配信された最終回では、サバイバル合宿で勝ち残った栄えある10人による、「劇団鹿殺し」所属の演出家・丸尾丸一郎が演出を手がけるオリジナル舞台『青空ハイライト』の主役をかけた最終審査が行われ、見事、三浦海里が主役の座を勝ち取った。さらに、すでに本舞台の映画化も決定しており、三浦には、『20世紀少年』『SPEC』『トリック』シリーズなど、日本を代表する作品を手掛けてきた堤幸彦が監督を務める映画への主演権も与えられた。

なお、今回行われた敗者復活戦では、本オーディションの「脱落してしまった者は、“出演はせず舞台の裏方に回る”or“完全に番組を降りる”」の二択を選ぶというルールの中で“裏方に回る”ことを選択、これまで長きに渡ってメンバーをサポートしてきた7人が、新たに追加された残り1枠の舞台への出演権をかけた「運試し」を行っている。丸尾の「運は君たちが役者を続けていく中で必ず必要になってくる能力です。それを今から見させて下さい」と言う言葉をきっかけに、サポートメンバーたちが、封筒に入った1枚の白いTシャツをかけて己の“運”を試す様子は必見。果たして、白いTシャツを手にし、舞台の出演権を勝ち取るのは一体誰なのか…ABEMAビデオにてぜひチェックを!

また、三浦さんが主役に決定した舞台『青空ハイライト』は、2021年2月11日(木・祝)から2月21日(日)まで公演を行う予定。

(C)AbemaTV,Inc.

当記事はEntame Plexの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ