【悲しい以外でも涙は出るんです!】女性が泣いてしまう理由

ハウコレ

女性は男性と違って、涙を流す機会が多くありますが、どんな時に涙を流す場合が多いのでしょうか。悲しい時はもちろんですが、ほかの感情の時でも涙を流すことがよくあります。泣きたくて涙を流しているわけではないという方も多いのではないでしょうか。男性から「泣けばいいと考えている」「すぐに泣く」と考えられている方もいるようです。女性の気持ちは男性に伝わらないので、悲しいことですが、出来るだけ男性にも涙の理由を知ってほしいですよね。今回は、女性が泣いてしまう理由についてご紹介していきます。

■彼への怒りが溜まりきったとき
彼と喧嘩をしてしまい、言い争いになってしまった時、泣くつもりではないのに、彼に対する怒りが溜まりきってしまい、自然に涙が溢れてきたという方も多いのではないでしょうか。怒りで涙が出てしまう時も、女性にはあるようです。泣いているからといって怒りが収まったわけではなく、まだまだ怒っているのに、涙が出るときもあります。感情が普段よりも大きく揺らいでしまったからこそ、涙が出てきたのでしょう。涙を流したからこそ、怒りが収まって悲しくなったと男性は、判断するようですが、怒ったままでも涙を流す時があるようです。喧嘩は終わるかもしれませんが、原因は解決していないので、彼との話し合いが必要なのかもしれません。

■言いたい内容が伝わらない時
彼に対して伝えたいことがあるのに、話を上手くすることが出来ずに、泣いてしまったといいう方も多いでしょう。上手く伝えたいという言持ちがあるのに、伝えれないことから、「なんで上手に伝えれないのかな」「理解できないのが悪いのかな」と考えてしまいます。悲しいから泣くのではなく、混乱してしまったことから涙を流してしまうこともあるようです。涙を流してしまう理由は簡単なものではありません。涙を流して同情してもらえるなどと言われることもありますが、意図して涙を流せるのであれば、女優になることが出来ます。きちんと言葉を考えなくても言い合えるような関係を作りましょう。

■気持ちが不安定になった時
女の子の日が近くなると、落ち込んでしまい、ネガティブな考えになってしまう方も多いのではないでしょうか。悩み事があるわけではないのに、自然と涙が出てきてしまうので、彼氏が驚いて話を聞こうとしてくれている事もあるのではないでしょうか。女の子の日の時は、感情が自分でも制御出来ないという方も多いので、ほっといてほしいと考えている方もいます。男性に直接いうことが出来ず、余計に涙を流す時もあるようです。どちらが悪いということではありませんが、話し合うにしても男性には気持ちが伝わりにくいので、そうゆうものだと捉えてもらうしかないのでしょうか。

■彼を選んで後悔した時
彼と喧嘩をしているとき、「悲しい」「辛い」という感情から泣いてしまうこともありますが、「なんで選んだんだろう」という後悔から泣くときもあります。

■まとめ
女性が泣くのには理由があり、言葉では言い表せない時があります。女性を泣かせないように、小さいことでも努力をしている姿がある男性をパートナーに選ぶと良いかもしれません。(ハウコレ編集部)



当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ