『紅白歌合戦』生放送中に“受信料”を請求!? 歴史に残る驚きの放送事故

まいじつ

木梨憲武 
画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

長時間の生放送ということから、毎年なんらかのハプニングが起こっている『NHK紅白歌合戦』。数ある放送事故の中から、いくつかをピックアップして紹介しよう。

まずは1982年の第33回大会で、『サザンオールスターズ』桑田佳祐が起こしたハプニング。ヒット曲『チャコの海岸物語』を歌った桑田だが、間奏中にいきなり「とにかく、受信料は払いましょう!」「裏番組はビデオで観ましょう!」と言い始めたのだ。このふざけたパフォーマンスがNHKの怒りを買い、桑田はしばらく出禁になったという。その後、桑田が再び紅白に出場したのは2010年。実に27年の時を経て和解になったようだ。

マツコ「いいのよ! 受信料ってんだから」


受信料絡みで問題を起こしたのは『とんねるず』も同じだ。1991年の第42回大会で、その年大ヒットした曲『情けねえ』を引っさげて紅白に登場した「とんねるず」。しかし、パフォーマンス時の格好は、パンツ一丁で、それぞれ赤と白にボディーペイントしているという奇抜さ。さらに背中には「受信料を払おう」という文字が書かれており、その無茶苦茶ぶりが話題となった。そして「とんねるず」は桑田同様にNHKの怒りを買ったのか、それからしばらくNHKの番組に出られなくなったと言われている。

そして2000年の第51回大会で、「とんねるず」は音楽ユニット『野猿』として再び出演を果たした。だが、それからまたすっかりNHKに出演しなくなり、石橋貴明は2020年8月放送のスポーツ番組『サンデースポーツ2020』に出演したことが、紅白以来20年ぶりのNHK出演であった。

2016年の第67回大会では、マツコ・デラックスもNHKの受信料をネタにする一幕が。この年は、タモリとマツコによるミニコントのようなものが間に挟まれる構成だったのだが、このコントの中でNHKホールの弁当を持ち去るマツコをタモリが諭したところ、マツコは「いいのよ! 受信料ってんだから、弁当代も込みよ」と口にしていた。

なぜか紅白に出演する歌手や芸能人たちは、受信料をネタにしたがるようだ。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ