魚をとろうと奮闘する親子ネコ 心温まるスキンシップも 『岩合光昭の世界ネコ歩き』本編映像解禁

 動物写真家の岩合光昭が監督を務める映画『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族』より、生け簀(いけす)の魚をとろうと奮闘する親子ネコの姿などを収めた本編映像が解禁された。

本作は、岩合がネコの視点で世界の街角のネコを撮影した人気番組『岩合光昭の世界ネコ歩き』(NHK BS プレミアム)の劇場版新作。岩合自身が監督を務め、世界中のネコと出会い、心から撮りたいと願ったネコの“家族愛”を描く。ナレーションを俳優の中村倫也が務める。

本作では流れゆく季節の中で2つの舞台を見つめる。ひとつは湖上に建つ小さな家にネコの家族と人の家族が寄り添い共に生きる絆が美しい水面に輝く、ミャンマーのインレー湖。もうひとつの舞台である北海道の牧場では、たくさんの母ネコ、雄ネコ、そして子ネコが真っすぐに生きている。時に温かく、時に厳しく、ネコたちは成長し、自分なりの新たな世界を築いていく。

今回解禁されたのは、ミャンマーで湖上生活を送るネコの家族を映した本編映像。高床式住居の下に設置された生け簀の魚をとろうと、懸命に水の中に手を伸ばす父ネコのエーワー。横で見ていた息子のグェも負けじと参戦する。

しかし捕獲作戦はなかなかうまくいかず、ついに勢い余って水中に落ちてしまう。ずぶ濡れになったその姿に優しく語りかけるように、「ビショビショ。悪いことはできないねえ」と中村のナレーションが重なる。その後、エーワーは学校から帰宅した少年を、ふたりだけのあいさつ「おでこごっつん」でお迎え。お互い愛おしそうにスキンシップをする心温まる様子を捉えている。

映画『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族』は2021年1月8日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ