【連載】私のベスト3はこれ!2020年買ってよかったアイテム♪

folk

買ってよかったと思えるモノ


新年あけましておめでとうございます。今年も、暮らしを豊かにするための仕組み作りをご案内しますね。

年末に片づけをしていて、これは要らなかった、これは買ってよかったと思うモノと対面しました。その中でも「これは本当に買ってよかった!」と思えるモノがありました。2020年のベスト3をご紹介しますね。

2020年ベスト3を発表!


最近の100均グッズは、本当に作りがしっかりしていてお値段以上の働きをしてくれるなと感心します。その中でも、私がこれは買ってよかった!と本気で思ったモノがあります。

1つには絞れなかったので、ベスト3という形でご紹介しますね。中には2020年だからこそ、購入したというモノもあります。

第3位 マスクインナーカバー


マスクインナーカバー

https://folk-media.com/

セリアで購入した、マスクインナーカバーです。

コロナ禍で、マスク着用が必須になったことで、マスク関連商品がたくさん発売されました。

これは、2020年ならではの商品ですね。

マスクインナーカバー2

https://folk-media.com/

マスクの中に着用するガードのようなモノ。

素材はポリエチレン製で、軽くてしっかりしています。

サイズは約H8×W10×D4.5㎝。

マスクインナーカバー3

https://folk-media.com/

付けた状態がこちら。マスクの中にスッポリ収まるサイズです。

マスクインナーカバー

https://folk-media.com/

フックが付いているので、マスクのひだに引っ掛けて装着。

鼻と口にカバーを合わせるようにマスクをつけます。

マスクインナーカバー

https://folk-media.com/

外からは付けているかわかりません。鼻、口とマスクの間に空間ができるので快適です。

マスクをつけておしゃべりするなんて、今まで考えたことありませんでしたが、今はマスク越しの会話が求められます。

その時にマスクがこすれる不快感や、鼻が出ていちいち手で直したりという煩わしさがありましたが、これはその心配がなくしっかりホールドしてくれます。

はじめは、カバーが皮膚に当たる不快感を感じることもありましたが、それも慣れてくると気にならなくなりました。

少し蒸れて、汗ばむこともありますが、その時は汗を拭くなど対処が必要です。

第2位 計量キャップ(インスタントコーヒー用)


計量キャップ(インスタントコーヒー用)

https://folk-media.com/

ドリップ式の珈琲を飲んでいましたが、最近インスタントコーヒーに変えました。

カルディで購入した、マウントハーゲン オリジナルフェアトレードコーヒー。

ただ、このキャップが少しゆるくて心許なかったのと、毎回スプーンですくって作るという作業を省略したかったので、こちらを購入。

計量キャップ(インスタントコーヒー用)2

https://folk-media.com/

計量キャップ インスタントコーヒー用(スモールサイズ)

セリアで購入しました。

計量キャップ(インスタントコーヒー用)3

https://folk-media.com/

瓶に付いているフタをこのキャップに交換するだけで、キャップを二振りでコーヒー1杯分が計量できるというモノです。

計量キャップ(インスタントコーヒー用)4

https://folk-media.com/

装着できるコーヒー瓶を確認。私の買ったマウントハーゲン100gは対応商品でした。

計量キャップ(インスタントコーヒー用)5

https://folk-media.com/

素材は、本体と固定パーツがポリプロピレンで、パッキンが熱可塑性エラストマー。

パッキンがキュキュッという感じでしっかりハマってくれます。付属のフタより密閉性がありそう。

計量キャップ(インスタントコーヒー用)6

https://folk-media.com/

緑のフタも良かったのですが、私はこちらの黒のキャップの方が、モノトーンでしっくりして気に入ってます。

計量キャップ(インスタントコーヒー用)7

https://folk-media.com/

早速振ってみます。

ちゃんと出てきました!

計量キャップ(インスタントコーヒー用)8

https://folk-media.com/

二振りでコーヒー1杯分。これからは、わざわざスプーンを出したり、入れる時にこぼさないよう注意することもなく、ササッと手軽に使えます。

中身が少なくなると、出にくくなることがあるので、その時はスプーンをご使用ください。

第1位 電動ミニクリーマー


電動ミニクリーマー

https://folk-media.com/

そして、栄えある第1位は、電動ミニクリーマーです。

素材は、ポリスチロール樹脂で、耐熱温度は約70℃、耐冷温度は約-20℃。

サイズは高さ約20㎝×約3.5㎝です。

単3電池2個使用です。

電動ミニクリーマー2

https://folk-media.com/

なぜこれが1位かと言いますと、バターコーヒーを飲みたかったのです。

バターコーヒーは、グラスフェッド・バター、MCTオイルをコーヒーに入れて撹拌するとできるというモノで、泡立つまで混ぜるためにクリーマーが必要でした。

電動ミニクリーマー3

https://folk-media.com/

バターが溶けるまで待って。

電動ミニクリーマー4

https://folk-media.com/

いよいよ、クリーマーの出番です。

電動ミニクリーマー5

https://folk-media.com/

100均とは思えないブレンダーの威力。カップの底にしっかりブレンダーを固定しないと飛沫が飛びますので、ご注意を。

電動ミニクリーマー6

https://folk-media.com/

出来上がり。

泡がきめ細かく、飲みやすいバターコーヒーの完成です。

これが100円の威力?驚きです。

温めた牛乳を泡立てると、フワフワのミルクフォームでカプチーノが。おうちでカフェ気分を楽しめます。

買ってよかったと思える買い物をしよう


2020年は、今までにないモノが発売になったり、おうちで楽しめるモノが良く売れていました。

マスクカバーなんて、ホント、これまでの人生で必要だと思ったことがない商品です。環境によって必要なモノって変わりますね。

また、ミニクリーマーは以前から販売されていましたが、自粛期間中に家にいる時間が長くなったことも手伝って、おうちカフェ気分を楽しむために買いましたが、なぜもっと早く使わなかったのか悔やまれるほど優秀な商品でした。これが100円なんて。

自分の暮らしに合ったモノを選ぶことで、買ってよかったモノと、そうでもなかったモノに分かれます。どうせ買うなら、買ってよかったと思える買い物をしたいですね。

当記事はfolkの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ