嵐、『紅白歌合戦』で語ったメッセージに反響 「涙が溢れる」

fumumu


嵐

大晦日に放送した『第71回NHK紅白歌合戦』で、出演した

例年、紅白の舞台となっているNHKホールだけではなく、新型コロナウイルスの影響を受け、スタジオやリモート、そして無観客で行った今回。今年で活動を休止する嵐も、別スタジオから出演しました。

最後に語った言葉に、ファンからは労い言葉が多く寄せられました。

■ファンと作り上げた紅白


『紅白歌合戦』では、米津玄師さんが作詞・作曲をした「カイト」を歌うことが発表されていた嵐。同時に背景に流す動画を募集していました。

5人が歌唱するバックには、ファンから寄せられた動画とともに「希望に満ちた一年のはずだった」「誰ひとり描いていなかった2020年」「あるはずのものがない、悔しさ」「いるはずの人がいない、悲しみ」「それでも、懸命に戦う人がいた」などの言葉が映し出されました。

関連記事:櫻井翔、新チャレンジ説明に「オーマイガー!」 身体をはって衝撃を表現

■櫻井「戸惑いと絶望」・大野「嵐という奇跡」


「カイト」を歌う間奏部分では、5人がファン・視聴者に向けてメッセージを発信しました。

櫻井翔さんは「小さなカイトに今、時代の風が容赦なく吹きつけているかのようです」と話し始め、「活動休止の発表をしてから、なお世の変化に戸惑いと絶望に襲われました」。

大野智さんは「大事な人を突然失って、呆然としたメンバーもいた。そんな僕らの傍で消えずにいてくれたものがありました。たくさんの熱い声援と希望を歌い続ける歌でした。嵐という奇跡のような場所です」。

■相葉「苦しんでいる人へと」・二宮「叶わなかった夢も…」


相葉雅紀さんは「おかげで僕たちは、もっともっと深い悲しみに、苦しんでいる人にへと、舵を切ることができました」。

二宮和也さんは「叶わなかった夢も、嵐の21年の歴史の一部です。そこには、この時間で学んだ知恵や勇気、慰めや思いやり…すべてしっかり記しておこうと思います」。

■松本「嵐が去ったあとに」


そして最後、松本潤さんは「あと2時間あまりで年が明けて、僕たちの“嵐”は一旦止みます。嵐が去ったあとに虹のかかった美しい空が、どうか、みなさんの前に広がりますよう。明けない夜はないと信じて」と言葉を残し、嵐は2018年にリリースされたシングル「君のうた」、2008年の「Happiness」を披露しました。

5人のパフォーマンスを終え、白組の司会を務める俳優・大泉洋さんは「ひとまず、お疲れさまです!」「名残惜しいけど、またね~!」と呼びかけました。

■「5人揃って会える日まで…」


一旦、紅白の舞台に区切りをつけた嵐の姿には「嵐ががラストなんだなぁーと思うと涙が溢れる。今までお疲れ様」「21年間お疲れ様でした。そしてありがとう! またいつか5人揃って会える日まで…」「最後の嵐…かっこよかったです!!! 本当に本当にお疲れ様でした」などと、労いの言葉が寄せられています。

活動休止を発表してから2年…突っ走ってきた嵐。また5人が揃う日を楽しみにしたいですね。

・合わせて読みたい→相葉雅紀、新番組にプレッシャーを感じて号泣 「嵐ってすごいんだよ…」

(文/fumumu編集部・冬野 とまと)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ