『おもしろ荘』で注目! “千鳥と金髪”のトリオ・戦士に直撃インタビュー


大みそかから新年を迎えた1月1日に放送された『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の正月恒例企画『おもしろ荘』。過去にも多くの芸人が羽ばたき、若手芸人の登竜門となっているこの番組に、結成5年目のお笑いトリオ・戦士(げんせい、たむかい、銘苅)が出演しました。大阪・よしもと漫才劇場をベースに活動する彼らの持ち味は、なんと言っても3人の個性が際立ったテンポのいい漫才。放送を終えて注目の集まる彼らに、独占インタビューしました!

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

京都、愛知、沖縄出身の3人組


――まずは「戦士」を知ってもらうべく、それぞれ自己紹介をお願いします。

たむかい 京都府出身、24歳のたむかいです。3人の中では立ち位置は真ん中、ツッコミをやらせてもらってます。中学時代は野球部キャプテンで2番キャッチャーでした。高校時代は陸上部で砲丸投げをやってて、京都府3位になったこともあります。僕のパーソナルデータはそれぐらいですかね。

げんせい 愛知のげんせいです。こんな頭(金髪)でどうなんだと思われますけど、この3人の中ではいちばん真面目ですし、親も多少カネ持ちです。クラスで5番目ぐらいのカネ持ちです。あと、僕、すごいダサいんですよ。なにを買ったらいいか分からない。なので、「よしもと漫才劇場 オシャレ&ダサい芸人ランキング2020」TOP10に入ればいいなと思ってます!(投票は1月6日まで)

銘苅 沖縄出身の銘苅(めかる)と申します。よろしくお願いします。2人より3つ年上の今年28歳になります。主にボケ担当です。えっと、お酒飲むのが好きで、調子いい時は舞台が始まる5時間前までくらいまでは飲まさせてもらってます。あと、人付き合いもいいです。

――銘苅さんは、千鳥の大悟さんに似ているということでも話題ですよね。

銘苅 ありがとうございます。顔真似をやらせてもらってます。

――ちなみに、なぜ“戦士”というトリオ名をつけたんですか?

たむかい ダサい名前をつけたくて。最終で残ったのが「戦士」か「紳士」だった。「紳士」だと、ちょっと意味を持ちすぎて芸が偏っちゃうかなと思って。よりダサいほうの「戦士」にしました。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

もう1人の金髪は誰やねん


――『おもしろ荘』では、846組のオーディションを勝ち抜いて出演10組に入ったわけですが、オーディションで「今年は行けそう」みたいな感じはあったんですか?

げんせい オーディションは、まずビデオ審査、次にリモートで面接スタイル、そして東京で最終審査を経て、10組が絞られる形だったんですが、僕はリモートの段階で“行ったな”と思っていました。

たむかい そうなん? 僕は出れると思っていなかった。というか、僕らは(おもしろ荘に)出れるタイプの芸人ではないと思っていたので。僕らの漫才はフィットしないんじゃないかなと。毎年、オーディションは受けてたんですけど、いつも手ごたえがなくて。今年もあかんのかなぐらいの感じでやってたので。

銘苅 オーディション通ったら、先輩や後輩がすごく「すげえな!」と言ってくれて。そこで「あ、すごいのかな、俺たち」って思いました。みんな応援してくれたので。

――本番を迎えて、手ごたえはどうでしたか?

げんせい 実は、僕らは銘苅を押し出したいと思ってたんです。でも、なぜかネタ終わりのナイナイさんとかとのやり取りで、僕がひっちゃかめっちゃかになってしまいまして……。というのも、銘苅とたむかいが「千鳥さんに似てる」というのでコンビかと思ってたら「お前らトリオなんかい!」、という予想していない入りで。そのもう1人の金髪は誰やねんみたいな流れになってしまい……。

銘苅 もともと僕の話を相方がしてくれるっていう話だったんですけど、げんせいにスポットが当たって。それを僕はふつうに面白いなと思って見てたんですけど、ナイナイさんからは「お前ら、めっちゃ引いてるやん!」と言われて。そんなことは、なかったんですけどね。

たむかい 本番自体はあんまり緊張しなくて、M-1とかよりはぜんぜん落ち着いていました。

げんせい 僕もそうでしたね。素でいけたかなと。

たむかい ウソつけ! げんせいは素で行き過ぎておかしなってました(笑)。

銘苅 一言でいうと、難しかったです(笑)。でも、いい経験にはメチャクチャなりました!

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

目指せYouTubeチャンネル登録者1,000人!


――では、新年の抱負も聞かせてください。

たむかい (今回の出演が)何かにはなってほしいですね。たとえば、お客さんの見る目が少し変わったり、そういう変化があったらいいなと。『おもしろ荘』きっかけで何かにつながっていってくれたらいいなと切実に思っています。

げんせい 新年1発目で『おもしろ荘』に出させてもらって、ドッキリとか、違うジャンルのお笑いにも挑戦できるような年にできたらなぁと思います。学生時代から、ワードセンスよりもリアクション1本で来たので(笑)。

銘苅 ええっと、『おもしろ荘』を見て、スタッフさんとかファンの方とかが戦士って面白いんだってなって思ってくれて、いろんな仕事につながって、そうすれば、いまの状況よりカネ持ちになると思うんで……。カネ持ちになれたら、ちゃんと後輩とかにおごれるようになりたいです。

たむかい 真面目! でも、コロナ禍もあったので、家族やファンの人に『おもしろ荘』に出演しますという、いい報告ができて、そこはよかったし、うれしかったですね。おめでとうございますってたくさん言ってもらえて。メチャクチャ喜んでもらえました。

げんせい 僕は家族のLINEに「おもしろ荘、出演決まりました」と入れたら、おかんからなぜかウサギがぴょんぴょん跳ねてるスタンプだけが来て。これは喜んでるのか?とナゾでした(笑)。家族よりも、地元の学生時代の友だちから連絡がメチャクチャ来ましたね。

たむかい ほんなら、片思いしてたもえちゃんは? 連絡きた?

げんせい いやいやいや、くるか! 戦士を組み立てのころに1回ライブを見に来てくれたもえちゃん。でも、結局、実らなかったんですけど。

――もえちゃんも放送を見てくれて、連絡が来るといいですね。

げんせい (照れながら)もえちゃんは別に見なくていいです。

たむかい いや、ガチで照れるのやめてくれ! 銘苅の家族はどうやった?

銘苅 僕は報告してなくて。母ちゃんが相方のTwitterで「おもしろ荘出ます」っていうのを見たらしくて電話かかってきて。「テレビ出るんやったら言えや!」と怒られました(笑)。僕としては、直前になってサプライズで言おうと思ってたんですけどね。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

――2021年は幸先のいいスタートを切って、期待できるんじゃないですか。

たむかい ネットのコメント欄に「戦士、来年には解散してそう」っていうのがあって。そのコメント通りにはならないぞ、と。それは思っています。

げんせい あと、M-1に出場する芸人さんのことを「M-1戦士」って言うじゃないですか。 あれは、そろそろ控えていただきたい。僕らの名前なので、ややこしい。それ聞くとビクッとなるんで。

たむかい 『おもしろ荘』みたいな大きな番組に出ることが初めてで、世間に知ってもらうチャンスなので。われわれのYouTubeチャンネル「戦士のブレインチャンネル」があるんですけど、いま登録者数が370人なので、この放送をきっかけに1,000人は突破したいですね!

げんせい いろいろなジャンルのお笑いをやっているので、ぜひ見ていただきたいです。

銘苅 あと、僕が同期とやっているYouTubeチャンネル「うだうだやってる暇じゃない」もよろしくお願いします。こっちは登録者数175人なので。

げんせい ……それ、最後に動画をアップしたのはいつ?

銘苅 5カ月前です。コロナもあったので、ほら、集まるのもちょっとね(笑)。

当記事はラフ&ピースニュースマガジンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ